タイミングベルト交換(ウォーターポンプ、カムシール)


クルマとしては11万キロ走行ですが、途中でエンジンをクレーム交換しているのでエンジンは8万キロ弱です。
ちょっと早めではありますが、タイミングベルト交換をすることにしました。同時にウォーターポンプ交換とカムシール交換、オイルポンプシールの交換を行います。タイベル交換とセットで行う標準的なメニューです。
ただ、車上整備としてはヘビーな部類ですし、ミスると不動車になって要レッカーになるのでそれなりの気合いが必要です。
#でも、DIY派としては乗り越えてみたい壁ですよね?


部品
使用部品
No.部品名型番個数単価備考
1タイミングベルト アンド ラベルセット13160AA110114800 
(タイミングベルト)13028AA2401 
2アジャスタ アイドル ベルト テンショナ13033AA042110100 
3アイドラ コンプリート ベルト13073AA20013280細め
NTN 6001LNA
4アイドラ コンプリート ベルト No.213085AA08013570歯付き NSK 60050WA
5アイドラ コンプリート ベルト13073AA14226480NSK 6006DU2
KOYO DDG1060ARDIH 
6オイルシール-32x55x8.580673216041520カムシール
NOK BH5885F
7O リング, シリンダブロック10991AA0011140 
8オイルシール-33x49x88067330301380NOK BH3882G
9シーリング オイルポンプ15048AA0012120 
10ウォーターポンプ アンド ガスケット セットX12111AA082114600 
(ガスケット, ウォーターポンプ)21114AA05111 
(ガスケット, サーモ)21236AA0101 
(シーリング, ウォーター)21116AA0101 
11サーモ アンド ガスケット アセンブリ21210AA03012160開弁温度: 78℃
合計68310 

今回部品はすべて純正を使用しました。
後で気付いたんですが、サーモスタットのガスケットが一つ余分でしたw
部品のリストには入れていませんが、オイルポンプを脱着するのに液体ガスケットが必要です。また、カムシールとオイルポンプシールを入れるのに内径30mm程度の塩ビパイプをホームセンターなどで購入しておきます。
#2009年のSUBARU FAST-IIの価格から一割くらい値上がりしているようです(怒

注意: 上記部品はGC8G STi6 type RAに搭載のエンジンEJ207のものです。仕様によって部品の品番や価格が違います。
#写真には同時に発注したエアクリやヘッドライトバルブ、ニュートラルSWも入ってます。


※タイミングベルト交換する際には整備要領書のコピーなどを入手して、その手順に従って作業を行ってください。


作業

まずはラジエターを外します。今回はウォーターポンプとサーモスタットの交換などを含むので冷却水交換も必要ですが、作業スペースの確保からラジエターを外す必要があります。
フロントグリルも外しておきます。
ラジエター自体はブラケットにボルト2本で止まっているだけなので、上に引き抜きます。
ラジエターを外す時にパワステクーラーと干渉しないように注意します。
コンプレッサーとオルタネーター、パワステポンプを駆動するVリブドベルトをテンショナーを緩めて外します。

初日は約3時間かけてここまで作業しました。
ラジエターを水洗いしたり、エアコンのコンデンサーのゴミをナイロンブラシで取ったりすると結構時間かかります(笑

クランクプーリーボルトを外します。
空回りするので普通はSSTが必要です。
でも、先達の方々の手順に従い、地面つっかえ棒+セル方式を使います。
22mmのソケット+ロングスピンナーを鉄パイプで延長して地面につっかえ棒します。ビニールひもでパイプが飛ばないように縛り、エアコンのコンデンサは段ボールで保護しておきます。
さらにエンジンがかからないようにプラグコードを抜いておき、セルを回します。
ガン!と音がしてクランクプーリーボルトが緩みます。

※ディーラーのサービススタッフが聞いたら目を回すような方法なので、自己責任で!


クランクプーリーを抜いた後、タイミングベルトカバーは左右を外してから中央部分を外します。
左右はみな同じボルト7本ですが、中央部分は一本だけ短いボルトなので注意。
ゴムパッキンの無いところが短いボルトなので組み付け時によく確認すれば大丈夫です。
ベルトカバーが外れたら、ついにタイミングベルトとご対面です。
クランクプーリーボルトを締めて、ラチェットを使って時計回りにクランキングしていきます。クランクのマークが真上に来て、カムスプロケットにある2本線が向かい合うところで止めます。その位置でのみタイミングベルトが安全に外せます。
左下のアイドラローラーを外すと少し緩くなるのでベルトを外します。
ベルトを外す途中で助手席側のカムが勝手に回りますが、問題ありません。
ただし、それをさらに手で回すのは避けてください。吸気バルブと排気バルブが同時にリフトすると干渉してしまいます。
#リビルトエンジンなんですが、ベルトにマークがあるので使いまわしっぽい?


外したタイミングベルトです。長さの比較に45cmのロングスピンナーを置いて見ました。


折り曲げて見ましたが、キズやヒビは見られませんでした。
まだ(エンジンは)約8万キロ走行なので、まだまだ余裕といったところですね。


順番的にはカムシール交換に行きたいところですが、このエンジンのカムスプロケット固定ボルトが10mmのヘックスで手持ち工具では歯が立たないので、泣く泣くオイルポンプシール交換とウォーターポンプ交換を行うことにします。

まず、オルタネーターをボルト2本を外してどけておきます。
クランクスプロケットの上のブラケットを外してスプロケットを抜きます。


オイルポンプはボルト6本を外し、オルタネーターのあった場所からこじって抜き取ります。
下にある冷却水のパイプが邪魔なので、抜いておきます。このパイプは後でウォーターポンプを外す際に抜くことになります。パイプの固定ボルトはラジエターを戻す前に必ず元に戻すこと。忘れるとラジエターをまた外す羽目になります(涙
オイルポンプが外れるとオイルが垂れてくるのでバットで受けます。



オイルポンプのオイルシール(No.8 オイルシール-33x49x8)を交換します。
裏からマイナスドライバなどで古いシールを押し出し、今回唯一用意したSST(塩ビパイプ)を使って新しいオイルシールを叩き込みます。
オイルシールのクランクと接するリップ部にオイルを塗っておいてください。
オイルポンプ左上と左下に楔型のゴムパッキン(No.9 シーリング オイルポンプ)があるので、交換します。



Oリング(No.7 Oリング, シリンダブロック)がエンジンに残っているので、交換します。


液体ガスケットをオイルポンプに塗りたくり、オイルポンプを取り付けます。
ゴムパッキン2個が邪魔臭いことになるけど、落ち着いて(笑。



ウォーターポンプはボルト6本で固定されています。サーモハウジングはボルト2本です。右下のパイプ2本が固着していて、取り外しに手間取るかもしれません。



ポンプ内部はわずかに錆が見られました。冷却水は2年サイクルで交換していますが、12年も経っていれば仕方がないですかね。
また、手で回すとわずかに異音が聞こえましたので、交換したのは間違っていないようです。
新しいウォーターポンプ(No.10 ウォーターポンプ アンド ガスケット セット)とサーモスタット(No.11 サーモ アンド ガスケット アセンブリ)はボルトをガスケットに通した状態でエンジンに取り付けるとガスケットがズレずに取り付け出来ます。



オイルポンプとウォーターポンプの作業が終わったところです。
外したオルタネーターを戻しておきます。
きれいになったオイルポンプと新品のウォーターポンプは気分がいいです(^^;

二日目はここまでで日没タイムアウトになりました(約6時間)。



昨日断念したカムシール交換のため、午前中に近所のアストロプロダクツで10mmのヘックスソケットを購入してきました。差し込み3/8を1/2に変換するアダプタも購入しました。
昨日外したタイミングベルトとテンショナーをすべてもとに戻し、ギアを5速に入れた上でサイドブレーキをしっかりかけます。さらに空回りしないようにスプロケットとベルトをバイスグリップで押さえます。
写真のようにクランクを押さえつつ、えいっとスピンナーをひねると無事緩みました。


同じように残り3本のヘックスを緩めます。
外しにくいスプロケットはドライバなどで軽くこじって外します。緩めたボルトを抜かずに付けたままにして力を掛けると手をぶつけずにすみます(笑



カムシールの交換を行います。
古いカムシールがどうにもこうにも外れず、ピックツールの2本をダメにしてしまいました(涙
結局たがねドライバーをハンマーで打ち込み、マイナスドライバーを差し込んでこじる方法でなんとか外しました。
この作業でカムシャフトに傷をつけると、カムシャフト交換! になりますので注意。
#写真は外したカムシールです。


新しいカムシール(No.6 オイルシール-32x55x8.5)をSST(塩ビパイプ)を使って叩き込みます。
カムと接するリップ部にはオイルを塗っておくと初期の馴染みが良くなると思います。
運転席側はエアコンのコンデンサとのすき間が狭いので古いカムシールを当て物にして叩き込みました。

スプロケットを戻した後、10mmのヘックスを緩めた時と同じ要領で締めます。

三日目はここまで約3時間の作業でした。

4個のアイドラローラー(No.3, No.4, No.5 アイドラ コンプリート ベルト)とテンションアジャスター(No.2 アジャスタ アイドル ベルト テンショナ)を交換します。左下のアイドラだけはベルトをかけ終えてから取り付けます。
テンションアジャスターに付いているストッパピンは抜かずにそのままにしておきます。
ここまできてやっと新品のタイミングベルト(No.1 タイミングベルト)が登場します。
最初にクランクスプロケットとベルトのマーク(点線)を合わせます。



次に助手席側吸気カムにベルトをかけます。
このとき助手席側の吸気カムと排気カムは大きくズレているはずです。
先に排気カムをセット位置に合わせます。10mmのヘックスをラチェットで回します。
排気カムは時計回りに回すのは禁止で、反時計回りに回してセット位置にします。
逆に吸気カムは反時計回りが禁止で時計回りに回してセット位置にします。
※カムのセット位置などについては整備要領書を必ず参照してください。



助手席側排気カムにベルトをかけます。
見えないところは手鏡を使います。



運転席側吸気カムにベルトをかけます。
運転席側のカムはほとんど動いていないはずです。



運転席側排気カムを手鏡を使ってベルトをかけます。

その後、下側のアイドラにベルトをかけて行きます。
ベルトを押しつつ、一つだけ残していたアイドラ(No.5 アイドラ コンプリート ベルト)を取り付けます。
すべてのマークにズレが無いことをもう一度確認してから、テンションアジャスターに付いていたストッパピンを抜き取ります。

もう一度全体を見直して、心を落ち着かせてからエンジンをかけて見ます。冷却水も入っていないので極短時間だけ、アイドリングできることを確認します。
うまくいったらアイドラなどの増締めをして、タイミングベルトカバーを戻します。
パワステとオルタネーターのベルトやエアコンのベルトなどを戻します。

四日目はここまで約2時間の作業でした。


外したラジエターを戻して、ホース類を接続します。
ホーンやファンコネクタなども忘れないように。 冷却水を入れて、少しアイドリングさせてオイル漏れや冷却水漏れが無いことを確認します。
部品が馴染むまで少しおとなしく運転していくといいかもしれません。

最後に作業年月日と走行距離を記載したラベルを貼付して終了です。

五日目はここまで約2時間の作業でした。


結果
天気が悪かったり、買い出しに出たりして延べ5日に渡って作業することになりました。
カムスプロケットのヘックスに手間取って、アイドラーやベルトを付けたり外したり、ボルト一本が締められずラジエターを外し直すなど、予期せぬエラーでかなり無駄な時間を使った部分があります。
ミスをするとリカバリが出来ない作業ばっかりのため作業内容を随時確認しながら行いました。
タイベルむき出しかつ冷却水無しの状態でエンジンをかけて、数秒だけでも無事アイドリングしているのを確認した瞬間の達成感がたまりませんでした。これだからDIYは止められないw

作業終了後まず近所を試運転したところ、キュリキュリとベルトの音が聞こえました(汗
戻ってよく調べると、エアコンのVリブドベルトのクランク側が一山ズレていました。
その時にアッパーホースのエンジン側から冷却水が漏れているのと、タイベルカバーの固定ボルトが一本締まっていないのが見つかりました(滝汗
ベルトの山を元に戻して、バンド増締めとボルトを締めてから、数キロ試運転して問題が無いことを確認しました。
#あれだけ何回も確認したにもかかわらず、この体たらく(涙



作業には 亜超大戦略様のインプレッサのタイミングベルト交換と、八式★インプレッサ様のEJ20タイミングベルト交換を参考にさせてもらいました。末筆ながら感謝いたします。

('12/5/19追記)
約300km走行して冷却水がエンジンのアンダーカバーにほんの少し付着していました。
5000rpmまで回した時もあるのと、場所的にウォーターポンプからの漏れでは無さそうなので様子見です。

('13/2/2追記)
ラジエターホースやラジエタードレンの増締めで冷却水漏れは収まったようです。


クルマのページに戻る
Last Update:'14/7/21