オーリンズ O/H


#O/Hって書いているけど、O/H作業はショップにお願いしてます(汗
以前取り付けたオーリンズで、いつの間にか6年4万キロも走っていました。遅ればせながらO/Hすることにしました。
ショップに車ごと預ける方法がお手軽ですが、外した純正のストラットAssyを保管しておいたのでダンパー単体だけショップに持ち込むことにします。
併せてフロントが約1.7cm、リアが約0.5cm上がった車高を純正同等にしたいと考えます。減衰調整を7段戻しにしたあたりがほど良い固さでいいんですが、10段戻しではフワフワした挙動で頭が入っていきません。
車高を下げると落ち着くはずと思い、検討したいと思います。

計画
車高について考えます。
純正形状の足ではスプリングのレート(バネ係数)と車重によって、車高は成り行きになります。
今の足の純正足(STi6RA)との違いはスプリングです。仕様としてSTi6RAは非RAと比べると1cm車高が低いので、STiバネに変えることで約1cm高くなるのは予想していました。実際にはフロントが2cmアップしました。
なので、STiバネを切ってしまおうと思いましたが、上側は斜めにカットされて平らになっているので無理、下側は1G状態で線間密着するくらい柔らかいのでジャッキアップ時にバネが遊んでしまうのでまずいと思われます。
#漢の3巻きカットとかやってみたかった(馬鹿
#と思ったら、カットしている人が居た→「TOMOの部屋」 純正形状サスの車高調整


ちょっと汚いけど、1Gでのスプリングの状態です(フロント)。
1巻き半くらい線間密着しています。


他の手としては、フロントはアッパーマウントとスプリングシートの間のスペーサーを適当なワッシャに変えれば数mmは落とせそうです。ほぼ誤差(笑
写真左は東急ハンズで買った、M16のワッシャです(10枚セット \189)。
スペーサー5.5mmに対して、ワッシャ2.5mm厚なので、3mmダウンになります。

検討した結果、やっぱりフロントのスプリングをカットすることにしました。
上記先達は1/4巻きカット+ラバーシート抜きで約1cmということなので、約2/5巻きカット+スペーサー入れ換えをしてみることにしますw
リアはとりあえず何もしないことにしました。下げるならバネカットかラバーシート抜き、上げるならスプリングシートとアッパーマウントの間にワッシャを挟むことになります。
#純正スプリングとの組み合わせで苦労されていた人も→「ファミリーカーへの道」 足まわり贅沢化

続いて、O/Hをどこに依頼するのか調べました。
日本代理店のカロッツェリアジャパンに直接宅配便で送るか、適当なショップ経由で送るか、自社でO/H可能なプロショップに依頼するか、3種類があるようです。比較的近所(とは言っても15kmくらい)にプロショップのGarage Group4があったので、お願いして見ることにしました。
基本的にO/Hの費用はどこに出しても変わらないようです。(参考)カロッツェリアジャパンのO/H料金
#土系競技ショップなので、以前から存在は知っていました。

ただ、ネットではほぼ新品と同じ費用の見積もりを貰った例もあり、不安がよぎります。
O/H出来る高いダンパーなのに、O/H費用が新品買うのと同じじゃ涙しか出ませんwww
どちらにしても、O/Hに出してみないと何も進まないので依頼して見ることにしました。
仕様
継続使用部品 (税別)
FrontNo.部品名メーカー型番個数単価備考
1ダンパーオーリンズCT9-S010L/R-B01セット(198000)純正形状,倒立,PCV,減衰調整付き
2スプリング(F)STiST20400550002(6000)4.0kgf/mm, 約2/5巻きカット
3スペーサ,フロント ストラットスバル20326AA0002(300)→ワッシャに交換
4スプリングシート,フロントストラットアッパスバル20323FA0002(840) 
Rear1ダンパーオーリンズCT9-S020L/R-B01セット-純正形状,倒立,PCV,減衰調整付き
2スプリング(R)STiST22300550102(6000)3.3kgf/mm
3スプリングシート,リアストラットアッパスバル20373AA2002(950) 
価格は購入当時のものです(2006年)。

購入部品 (税込み)
FrontNo.部品名メーカー型番個数単価備考
1アッパーマウント(F)STiST203105500024725強化ゴム
2ラバーシート,フロントストラットスプリングアッパスバル20325FA0002819 
3ナット,セルフ ロックスバル20550AA0104231ハブへの固定用
4セルフロックナットスバル902350013663アッパーマウント固定用
Rear1アッパーマウント(R)STiST203204414024725強化ゴム
2ラバーシート,リアストラットスプリングアッパスバル20375AA03021271 
3ラバーシート,リアストラットスプリングロアスバル20375AA0022809 
4ナット,セルフ ロックスバル20550AA0104231ハブへの固定用
5セルフロックナットスバル902350013663アッパーマウント固定用
価格は2013年4月のものです。

あらかじめラバーシートやセルフロックナットなどのショートパーツとアッパーマウントをディーラーから入手しておきました。
ダンパーのダストブーツは交換したいところですが、高いので再利用しました。


作業
先にダンパーのセンターナットとホイールナットを4輪分緩めておきます。

ジャッキアップしてストラットAssyを取り外します。
ハブに固定するナットは1/2のブレーカーバーで緩めます。
ブレーキホースは以前金鋸で入れた切れ目のところを曲げて抜きました。


助手席側運転席側
フロントは運転席側と助手席側のキャンバー調整用の偏芯ボルトの位置の写真を撮っておきます。
入れ換え後も同じ位置になるようにします。


取り外したストラットAssy 4本です。

入れ代わりに古い純正ストラットAssyを取り付けて、とりあえず走れるようにしました。

やっぱり純正足は初期が固くて、でもロールは大きめで、もう抜けているのでボワンボワンします(汗
#助手席リア側ダンパーはオイル漏れしていました(涙



スプリングコンプレッサーでバネを縮めて、センターナットを外します。
アッパーマウントやラバーシート、スプリングを抜いてダンパー単体にします。
ブレーキクリーナーや真鍮ブラシを駆使して、6年分の汚れを落としました。



O/HはOHLINS PRO SHOPであるGarage Group4さんに依頼しました。
仕様や疑問点について色々質問させてもらいましたが、豊富な経験や技術を感じました。
今回は仕様変更せず、O/Hのみをお願いしました。
土曜日午後に依頼して、水曜日に分解見積もりを受け取りました。
1週間で作業完了の予定です。
#分解して問題が見つかった場合、立ち会いで確認する場合もあるようです。



O/Hに出している間、埃と油にまみれたダストブーツを清掃しました。
台所用洗剤とブラシでそこそこきれいになりました。最後にフクピカwで拭いて終了です。
ゴム部品なので新品にしたいところですが、倒立用は一個\4000ということなので断念(涙



禁断のバネカットを行います。
まず約2/5巻きの位置にテープでマーキングしました。
切った後でダンパーにセットして遊びが出たらアウトなので、慎重かつ適切な位置に。

#クルマの仕様やスプリングの全長、レートが違うとこの位置でも遊んでしまう可能性があります。



ディスクグラインダーで火花を散らしながらカットしました。
切り口には黒スプレーを吹いて錆びないようにしておきます。

スプリングを切断した場合、強度計算書を添付して改造申請しないと車検には通りません。車検場で指摘されることはほぼ無いでしょうけど(汗


メールで部品の写真撮影をお願いさせてもらったら、なんと分解中の写真をいただいちゃいました。



同じく分解中の写真です。
程度は良好とのコメントをもらいました。O/Hのタイミングとしては悪く無かったようです。



O/Hで交換された部品です。今回は無事基本パックの中で収まりました(ホッ
取り付ける前にフクピカで磨いておきました。
O/H費用 (税込み)
FrontNo.品名個数単価備考
1倒立O/H工賃212600
2倒立O/H部品パック24200
Rear1倒立O/H工賃212600
2倒立O/H部品パック24200



ダンパーにカットしたスプリングを付けてストラットAssyに仕上げます。
ラバーシートは純正新品を使い、スプリングシートとアッパーマウントの間のスペーサーをワッシャに変えました。
ここではセンターナットは仮締めでOKです。ウマから降ろした後に本締めするのを忘れないようにww


同じくリアを組み立てます。
こちらはO/H前と同じ構成です。



純正のストラットAssyを取り外し、O/H完了後のストラットAssyを取り付けます。
ハブにストラットAssyを固定するボルトはトルク管理をしておきます。
#約一月前の作業と同じことを繰り返すのはなんと面倒なことかwww

バネをカットしたフロントの遊びはありませんが、力を入れると少し回すことができるのでこれ以上短くするのは無理なようです。

ついでにフロントだけ入れてあった静音ノイズプレートをリアにも入れました。余ってたのでwww

結果
O/H前後の車高比較データ
車高比較
[cm]純正Before(O/H前)After(O/H直後)After(2週間後)
フロント57.356.858.358.058.358.058.057.6
リア56.356.056.456.457.457.056.856.7
フェンダー中央部とホイルリム下端との距離です。なおホイルはφ44[cm]なので、ハブ中央は上記数値に22(=44/2)を差し引いた値になります。

う〜ん、苦労の割りにはフロントが落ちていませんが、こんなもんでしょうか。
#ま、うだうだ車高にこだわるなら車高調にしとけって話ですわな(汗

O/H直後に試運転したらフロント助手席側からカタカタ音がしたので、センターナットを増締めしたら治りましたwww
今回一時的に純正足で走って、O/H後オーリンズに戻しました。バネレートが高いにも関らず、オーリンズのほうがしなやかで乗り易いと感じました。静かになった気もします(プラシーボ効果含む)。
これであと数年は乗れます(^^)v
ただ、純正足ではステアリングに対してクイックに感じたのが、オーリンズでは感じません。アライメントの差が影響しているのか調べて見たいと思います。



クルマのページに戻る
Last Update:'14/7/21