シフトブーツ・サイドブレーキブーツ交換



シフトレバーのブーツが15年でくたびれてきたので、webで見かけた本革のブーツの通販を利用して見ることにしました。
どうせならとサイドブレーキブーツも一緒に購入しました。
説明
Leather Collection Miya コレミヤ5038.netのページより引用
当店はカラーオーダーメイド本革シフト・サイドブレーキブーツ専門店です。
本革でオリジナルカラーの シフト・サイドブーツを格安価格で製作・販売いたします。
交換

純正状態の写真です。サイドブレーキのカバーはゴムです。

そういや前期型はシフトブーツがゴムの蛇腹で「バスかよっ!」て突っ込まれてましたw


純正シフトブーツの前上側はシフトノブから余った小指が触るので傷んでしまっています。
ステッチは黒でした。



届いたコレミヤ製 本革のシフトブーツとサイドブレーキブーツです。
色やステッチの種類を選べますが、つや無黒革に赤のダブルステッチにしました。
シフトノブがチェリーレッドなので近い色のステッチにして、純正イメージにしています。
注文・入金からほぼ一ヶ月で届きました。
なお、取り付けのマニュアル等は付かないので、自分で調べて取り付けることになります。


シフトブーツは8個の円型スピードナットを抜くとトレイからブーツとケース(枠)が外せます。
ブーツはケース(枠)に接着されているので、丁寧に剥がします。

取り付けは本革ブーツに純正と同じようにピンの穴を3個開けて仮止めし、接着剤でケース(枠)に接着します。
最初はトレイと挟まれる部分だけ接着し、曲げの部分は後からと2回に分けて接着しました。
シフトブーツは純正より少し長めのようで、下の折り返し量が多いです。



サイドブレーキブーツは10個の円型スピードナットを抜くとゴムブーツが外せます。

こちらは特に加工することも無く、本革ブーツの穴を合わせてスピードナットを入れるだけです。
あと、ゴムブーツはいくらでもサイドブレーキを引けますが、本革ブーツはレバーを引ける高さが低い(7〜8ノッチ)ので引き調整をしています。
レバーを戻した時に少し引っかかる感じがあるので、革が馴染むまで注意が必要です。


交換後

シフトブーツの見た目はさほど変わりませんが、サイドブレーキブーツはいい感じになりました。
本革なので、取り付ける前にミンクオイルを塗って保護しています。
ほのかな革の香りもあり、金額以上のドレスアップになっていると思います。
#サイドブレーキのステッチが黒なのがちょっと残念w

何時間か運転するとサイドブレーキブーツというかブレーキレバー引き量調節の違和感も無くなりました。




おまけ

シフトレバー根本のボールは元々グリスが塗られています。これをふき取ってオイルをスプレーするとシフトの感触が変わってお勧めです。
ただ受け側が樹脂のようなので、樹脂を侵さないオイルが良さそうです。
写真は、小汚いけどシリコングリスも追加しています。




クルマのページに戻る
Last Update:'16/5/14