ステアリングラックブーツ交換


初めに
オイル交換をDIYでやる時にはクルマの下に潜ってオイル滲みや異常が無いかどうか点検しています。マメに点検していれば異常は滅多に見つからないはずですが、最近はよく問題が見つかります(涙
前回のオイル交換で見つかったのは、ステアリングギアボックスラックブーツの割れでした。ステアリングのラックアンドピニオン機構のラックを汚れや水分などから保護するゴムのブーツが割れていました。前輪を切ると伸び縮みするため、ドライブシャフトブーツと同じく割れやすいゴム部品です。 ラックブーツが割れていると水や埃などが侵入してギアを傷める恐れがあり、早急な交換が必要です。でも、エンジンの下にカバーがついているので、豪雨でも無ければ問題なさそうなので時間のとれる時に交換することにしました。
交換にはタイロッドエンドを外す必要があるので、タイロッドエンドプーラーが必要です。 アストロプロダクトで何種類かあるうちから激安のSSTを購入しました。あとでこのチョイスがハマる原因になるとは思いもせずに....。

交換
割れていたのは運転席側のブーツです。
どうせならということで助手席側も交換します。
ブーツは左右共通で、P/N 34137FA000です。片側\1330でした。


ブーツの交換にはタイロッドエンドを外す必要がありますので、ピンをキャッスルナットから抜きます。キャッスルナットはすぐ緩みました。
その後タイロッドエンドプーラーを掛けてテーパー嵌合を抜こうとするも、プーラーが小さすぎてハブにちゃんとはまらずに斜めになってしまい、締め込んでも外れてしまいます。
しばし試した後、激安工具ということもあり、サクッと改造にかかります。ハブにセットする部分をヤスって斜めらないように広げます。しかし、ちょっと広げた程度では改善せず、日没タイムアウトになってしまいました。
仕方がないので前輪を外してウマに載せたまま翌週までお不動様でした(汗
#シャッターの付いてるガレージ万歳!(馬鹿


上の写真からこの写真までまるまる一週間経ってます(汗
前夜に思い出して、慌ててヤスったもののやっぱりダメでした。
手持ちのナット(非クルマ用)が工具とピッチが合ったので、工具の締め込むボルトより飛び出した位置にナットを入れておくと、タイロッドエンドのボルトがそこにハマって外れなくなりました。このまま締め込んで行くと「バキッ」と音がしてタイロッドエンドが外れました。\(^^)/


無事タイロッドエンドが外れたのでタイロッドの位置をマーキングして、距離を測っておきます。これを忘れるとサイドスリップ検査をしないと直進性が保てなくなります。
運転席側です。

同じく助手席側です。
運転席側と当てているノギスの向きが違いますが、運転席側はやらせです(笑

助手席側のブーツを外したところです。ボールジョイントが見えます。
古いグリスは出来るだけウェスで拭き取って、モリブデングリスをたっぷり塗り込んでおきます。


7年間使用したブーツと新品のブーツです。
割れたブーツはかなり自由長が短くなっています。
取り付ける前にラバープロテクト・スプレーを内側と外側にたっぷり吹き掛けて、乾燥させておきます。

新品のブーツを取り付けました。
ブーツの内側は針金のような線材をよじって固定するんですが、とりあえず再利用しました。一般的には新品を使うべきだと思います。
キャッスルナットの緩み止めのピンは再利用不可の部品ですが、今回は再利用しています(^^;
#要するに抜けなきゃいいんです(コラ
いや、部品発注する時に考えたんですが、汎用品でいいかなと思って。で、外す段階からそれ相応の考慮をしておけば再利用も問題無いので、そういう方向で進めました。

結果
とりあえず走行に直接関係する部品では無いので、奇麗に取りついていればOKです。
後はラックなどに塗ったモリブデングリスの耐久性がどの程度か気になります。


今回の教訓:   激安工具に手を出すと苦労する。でも激安だから出来る改造もある。

#一般的には洗濯ばさみ型のプーラーを使った方が便利だと思います(滝汗


クルマのページに戻る
Last Update:'08/9/25