P/Sベルト交換


ドライブから帰ってきて車庫入れのときに、ステアリングが断続的に軽くなったり重くなったりして、パワステのトラブルが発生しました。
その時は夜だったのと、パワステフルードが無くなっている時の症状に似ていたため、フルード漏れと見当をつけて後日点検することにしました。
後日ガレージの床を覗き込むもオイル染みはなく、パワステフルードも十分に入っていました。で、よ〜くパワステまわりを見るとベルトが半分しか残っていません((((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
エンジンルームにベルトの残骸が散乱しています。よく見ると全部で5山あるベルトが2山しか残っていません(滝汗
パワステとオルタネーターを駆動するベルトなので、切れてしまったら走ることができなくなります。大至急ベルトの交換が必要です。
ホームセンターを回るものの、VベルトはあってもVリブドベルトは置いていません。
仕方がないのでオートバックスに行くと高耐久品があったので、半分泣きながら購入しました。
純正が\1900なので、2倍の値段です。このベルトが切れる頃には廃車か持ち主が変わっていると思われます(笑

効果
Gates RubberのEXTRA RUNNERパッケージより引用
エクストラランナーに使用されているEPDM(エチレンプロピレンゴム)は従来のVリブドベルトに使用されている主要ゴム(CR)に比べて、耐老化性・耐オゾン性・耐酸化性・耐水性等、あらゆる面で優れた性能を発揮します。
・高温耐久性能の向上
 従来品に対し寿命比約4倍
・低温耐久性能の向上
 従来品に対し寿命比約10倍
・耐摩耗性能の向上
 従来品に対し耐摩耗性能30%アップ
・軽量化による性能の向上
 従来品に対し17%の軽量化
詳細・取り付け
クランクプーリー付近拡大写真です。
奥がエアコン用ベルトです。手前がパワステベルトですが、プーリーの5つある溝に対してベルトが2溝分しかありません。
なお、ベルトは三星の5PK877でした。純正品番は809218140です。

ベルト交換にはカバーが邪魔なので外す必要がありますが、エアコンベルトのカバーと共締めされているため、エアコンベルトのカバーを外してからパワステベルトのカバーを外します。

取りつけ前の新品ベルトです。
インプレッサ用として5PK875がラインアップされています。

純正は5PK877ですが。問題なく使用可能です。
先頭の5がリブ数(山の数)です。
PKはベルトのタイプです。
最後の877がベルト長さ(単位[mm])です。


張り調整ボルトはオルタネーターとパワステポンプの間にあり、そのボルトの根本にある固定ボルトを緩めてから、張り調整ボルトを古いベルトが抜けるようになるまで緩めます。
新品ベルト取り付け後、張り調整ボルトを締めこみます。
張りの強さは強く指で押して約5mm動く程度にしておきます。後日再度張り調整することでベルトの耐久性を保てます。
張り強さは10kgで押した時のたわみ量が8±1mmです。なお、点検時のたわみ量は10±1mmです。

このページ上から2つ目の写真と比べると、ベルトの幅が半分以下になっていたことが確認できます。

カバーを取り付けた状態です。青いベルトがちょっと目立ちます。

結果
もともと異音が鳴っていたわけでもなく、故障した部品を交換しただけなので、特にフィーリングの差はありません(^^;
試走して気がついたのが、エアコンベルトのリブが欠けてる....。
こっちも至急交換が必要です(涙



(以下'06/5/28追記)

P/Sベルト交換1週間後、張り具合の確認をしたところ、エアコンベルトの異変に気付いてしまいました(涙
リブの山が欠けているところがありました。
エアコンベルトはエアコンプレッサーの下にあるプーリーの固定ボルトを緩めて交換します。
写真中央のボルトがプーリーの固定ボルトです。

社外品は高いし、最悪無くてもクルマは走れるため、ディーラーに発注しました。
品番73323AC011の三星製4PK895でした。\1,900です。
#73323AC011は73323AC000と73323AC010の互換品です


結果、ベルト2本とも新品になりました。
なにはともあれ、新品はいいものです。

#撮影のためベルトカバーを外したままですが、最後にカバーを取り付けて作業終了しています。




クルマのページに戻る
Last Update:'08/1/3