プラグ・プラグコード交換



以前取り付けたBKR6EIX-Pが10年 6万kmになったので新しいプラグに交換することにしました。
新しいPremium RXシリーズの同じ番手でBKR6ERX-PSにしました。
調べるとプラグコードは13年 11万km使っていたので、一緒に交換することにしました。
こちらは少し高級なシリコーンパワープラグコード 2338-40にしました。
15年落ちのクルマですが、長寿命品をおごりましたwww
効果
NGKのPremium RXのページより引用
世界初の新素材“ルテニウム配合中心電極”と“白金突き出し+オーバル形状”外側電極採用。 抜群の着火性を実現し、低燃費、耐汚損性、ロングライフ等、トータル性能を極めた次世代プレミアムプラグの誕生です。
UltraのBLUE POINT POWER PLUG WIREのページより引用
エンジンルームの一部としての存在感はもちろん、性能への飽くなき追求、深いこだわりがこの製品に凝縮。チューナーが、ドライバーが、点火システムに求める性能をウルトラは形にしたいと考えています。ウルトラレッド、コバルトブルーなどシリコーンコードの代名詞とも呼ばれ、独自の巻線式ノイズサプレッサーを各端末に配する手法など、独創的な技術は、まさにそのこだわりへの現れだと言えます。お求めになったユーザーが「ベストバイ」と誇れる製品、こだわりの製品創りを、ウルトラはこれからも創造し続けます。
交換
交換手順はこちらを参照してください。
前回ネジ部にNEVER SEEZを塗付したプラグは6万km走行後でもすぐ緩みましたので、今回も同じ処理しました。
写真

中心電極はBKR6EIX-Pとほぼ変わりませんが、接地電極の先端が細くなっています。


10年 6万km使用後のBKR6EIX-Pです。
若干カーボンが付着して焼け気味ではありますが、問題は無さそうです。


消耗していた1番、4番のうちの1番の拡大です。
中心電極がだいぶ短くなっているので、替え時ではあったようです。

前回同様抵抗値を測って見ました。
プラグ抵抗値
抵抗[Ω]NGK BKR6EIX-P
新品
NGK BKR6EIX-P
6万km走行後
NGK BKR6ERX-PS
新品
  • 4.98k
  • 4.68k
  • 4.64k
  • 3.67k
  • 4.51k
  • 4.05k
  • 3.21k
  • 3.89k
  • 4.92k
  • 4.79k
  • 4.81k
  • 4.69k


13年使ったシリコンパワープラグコードですが、トラブルなど無くまだまだ使えそうです。
ただ、消耗していると思われるので交換します。


剥げかかった赤縮み塗装に青いコードが映えますw
#微妙に3番が奥まで入っていないように見えますが、後で押し込みました。


交換後
寿命10万kmのBKR6EIX-Pですが、想像以上に消耗していました。
可能性として以下が考えられます。
・クロスミッションなので回転数が高い。
・同時点火なので1サイクルあたりの点火回数が2回と通常の倍になる。

どちらにしても次の交換は5万km走行後にします。

交換前と比べてエンジンがスムーズです。ギクシャクしちゃうような低速域も粘りがある感じです。
ま、すぐに慣れて普通になるんですがw

3ヶ月以上経っても調子がいいです。ヘタなオカルトグッズに手を出すより断然効果的です。


クルマのページに戻る
Last Update:'15/10/7