ロッカーカバーパッキン交換


シリンダーが横を向いている水平対向エンジンでは、年数が経つとロッカーカバー(カムカバー)からオイル漏れが発生します。
特にターボに向かう排気パイプがまとめられる運転席側のロッカーカバーは温度が上がることからオイル漏れが起き易く、さらに排気パイプにオイルが垂れてこげ臭い匂いを放ちます。
少し前から運転席側(右バンク)と助手席側(左バンク)の両方からオイルが滲んでいるので、両方のパッキンを交換することにしました。


部品
使用部品
No.部品名型番個数単価備考
1ガスケット、ロッカカバーライト13270AA16211722右バンク
2ガスケット、ロッカカバーレフト13272AA09411859左バンク
3ガスケット、ロッカカバーNO213293AA0514483片側2個
4ガスケット、オイルセパレータカバー11832AA0312431片側1個
5プラグ、シリンダヘッド11051AA0704672片側2個
6ワッシャ、ロッカカバー13271AA07116116片側8個
合計10919 

今回部品はすべて純正を使用し、左右分発注しています(単価は消費税5%込み)。
オイルフィラーにOリングがありますが、今回は手配を忘れました。多分再利用しても問題ないでしょう。
写真以外に液体ガスケットを使用します。

注意: 上記部品はGC8G STi6 type RAに搭載のエンジンEJ207のものです。仕様によって部品の品番や価格が違います。2013年5月購入時の価格です。




作業
写真は左バンク(助手席側)のロッカーカバーを下から見たところです。
三本並んだカバーボルトの一番奥の下側にオイルが滲んでいます。



あらかじめジャッキアップしてアンダーカバーを外しておきます。
助手席側から作業を始めました。ロッカーカバーにアクセスするのに邪魔になるバッテリを外し、ウィンドウォッシャータンクをボンネットに立てかけておきます(ウォッシャーの配管を外すと中身が出てくるので)。



オイルフィラーを取り外し、プラグコードとブローバイホースを抜いた後、カバーボルト8本を緩めます。
奥の2本はフレームが邪魔になって抜けないので、ロッカカバーと一緒に外します。
組みつける時に忘れるとやり直しになるので注意。
奥の方はスペースが無くて普通のラチェットが使えないので、10mmのギアレンチが必要です。



知恵の輪的に動かして抜き取ります。
写真の下がエンジン前側になります。
約9万km走行ですが、オイルは5000kmの交換スパンだったのでそこそこきれいです。



スラッジやカーボンの堆積は見られず、きれいなもんです。
カムの奥側にある黒色で半月状のプラグ(プラグ、シリンダヘッド)を外します。
液体ガスケットで付いているのでラジオペンチでむしり取る感じでした。
廃油受けを用意して、エキゾーストパイプにたれないよう新聞紙で養生してあります。
こびりついている液体ガスケットを清掃します。



運転席側はエアクリーナーボックスとインタークーラーウォータースプレータンクを取り外します。
写真ではエアクリボックスの下側が残っていますが、後で外しました。
#外さないと共締めされているパイプが引っかかってロッカーカバーが抜けないです



こちらも特に問題ないようです。


右バンクのほうがこぼれたオイルは大目でした。
多分全部で100ccにもならないです。
エキゾーストパイプの遮熱板が外せると作業性が上がります。



右バンクのブローバイオイルセパレータボックスのパッキンです。
左バンクはカラカラでしたが、右はしっとりです。
新品と交換します。
#右バンクの吹き抜けが多いのかな??


取り外した左右のロッカーカバーを清掃します。
シリンダーヘッド側も液体ガスケットが残っているので念入りに清掃します。
組み付け時は新品のパッキンをロッカカバーに嵌めてから行います。
左バンクはカバーボルト2本と新品のゴムブッシュ付きワッシャを忘れないようにします。



まずカム奥のプラグを液体ガスケットで付けます。
液体ガスケットをシリンダーヘッド前側にあるカムホルダーの膨らみに塗ります。
パッキンの角の部分は気密性が落ちるためだそうです。
気分的には全周塗りたいところですが、次回手間なので最低限にしておきますw
静かにカバーを被せて、ゴムブッシュ付きワッシャにカバーボルトを締めます。
組み付け後は液体ガスケットが硬化するまで数時間必要です。
取り外したバッテリやエアクリボックスなどを戻して終了です。





結果
作業自体は約8時間で完了しました。
翌日、I/Cウォータースプレーの水を補充したり、バッテリを外して消えたカーオーディオの設定をし直しました。
作業ミスが無かったか まだ走っていないので判りませんが、しばらく様子を見てみたいと思います(汗

('13/5/25追記)
ドライブに行く時に、オイル缶とブレーキクリーナーを持って行きましたww
休憩のたびにボンネットを開けて確認しましたが、オイルは漏れていないようです。
ただ、パワステフルードかオイルか判らないのが焦げて臭いので我慢ですwww



クルマのページに戻る
Last Update:'14/7/21