ノックセンサ交換


内容とあんまり関係ないですが、I/Cが無いって変な感じなので。

プロローグ
ドライブに出かけた帰り、途中でCheck Engineランプが点いたり消えたりしまして、ビビりながら帰ってきました。走りながらMDM-100で各種センサ類のデータをチェックするも特に異常が無く、おとなしく乗る分には走れているのでそのまま帰ってきました。
今日CPUのリードメモリを行ったところ、コード22 ノックセンサ異常(オープンまたはショート)でした。MDM-100ではノックセンサ表示はありますが、過去OFFのままでONになったことは無いので良否判定は出来ませんでした。
で、ノックセンサでググると、結構壊れている模様。部品代6400円工賃8000円とのことで、ディーラーでは約1時間の作業のようです。ちなみにP/N 22060AA070です。
探して見るとインマニとインタークーラーのすき間からコネクタが見えるものの、ボルトには直接アクセスできないため、インマニかインタークーラーを外す必要があります。場所的にはインマニの下ですが、インタークーラーの方が外しやすそうな、そうでもなさそうな.....。
とりあえずググったページにあった、クリーナーでボルト周りを清掃したら治ったという記事を信じて(?)ブレーキクリーナーを吹いておきました。再発したら諦めて部品を発注しようと思います。

リードメモリは、Fire IMPREZA VANにあるダイアグノーシスのページを参考にしました。
再発
数日後運転する機会があり、インパネを気にしていたところやはり点灯してしまいました。諦めてノックセンサを交換することにして、部品をディーラーに注文しました。上記P/Nで若干値上がりして6580円でした。
交換
最初にインタークーラーを外します。
インマニに接続しているダクトのクランプを緩め、ターボからのダクトのクランプを緩めます。ブローーオフバルブのホース大小2本を抜きます。
インタークーラー左右の固定ボルトを外すとインタークーラーが外せます。
タワーバーに当たったりするので無理なようならタワーバーを外したほうが安全です。GC8G純正のカーボンタワーバーはウェスで保護しておけば、なんとか抜き取れました。

インタークーラーを外したところです。中央にあるボディから伸びているバーはピッチングストッパーです。

なんか部品が一つ無いだけで自分のクルマじゃないみたい(笑

インタークーラーが外れてもノックセンサは各種ホースの影にあります。
ヒーターホースはLLCが漏れるから出来れば外したくないので、針金で邪魔にならない位置に吊るします。ソケットレンチでボルトを抜き、ノックセンサを取り外します。
ピンぼけですが写真中央にノックセンサの黒いコネクタが見えます。



新旧ノックセンサです。
外観上の差異はありませんでした。
取り付けはボルトに真上からアクセスできないし手も入らないので、ソケット内側にセロテープを貼ってボルトが簡単に抜けないように細工して取り付けました。

後は取り外した時と逆の手順でインタークーラーを取り付ければ終了です。
ダクトやブローオフバルブ、インタークーラーの内側にオイルが薄く付着していたのでブレーキクリーナーを吹いて清掃しました。ブローバイガスのオイルなのでどうにもなりませんが、もしかしてオイルキャッチタンクを取りつけると奇麗になるのかな?


最後にCPUに残っているエラーコードを消す必要があります。上記ダイアグノーシスにある、D-チェックモードを実行することでクリアされます(されるはず)。暖気して2000rpmで1分間空ぶかしするなど、このガソリンが高騰している時に無駄な燃料を消費するのはもったいないエコではない、との判断でバッテリのマイナス端子を外しました(^^;
#ターボ4WDのクルマ自体がエコでは無い事についての抗議は受け付けておりません(笑

ついでなのでターミナルの清掃も実施。
ノックセンサ交換で不具合が解消したかどうか確認するべきなんですが、1時間は走らないと再現しなかったので、諦めました。とりあえずエンジンをかけてケーブルやホースの配線し忘れなどが無いかどうか確認して終了しました。
結果
その後比較的長距離の走行をしましたが、ランプ点灯は発生しませんでした。今回のノックセンサ交換で解決した模様です。
#ガソリン高騰で本当に距離が減ってます(涙


クルマのページに戻る
Last Update:'07/9/5