(工事中)インプレッサのオイル交換

オイル交換の手順書です
エンジンオイル
STi6-RAはエンジンの下にプラスチックのカバーが付いています。
単純なオイル交換ならドレンの部分に穴があけてあるのでそこから排出できますが、オイルフィルタを交換する時は潜ってカバーを外す必要があります。
ここではフィルタも交換する手順を紹介します。
道具
フロアジャッキ
(車載パンタグラフジャッキ)
ウマ(リジッドラック)2脚
14x17メガネレンチ
オイルフィルタレンチ
10x12メガネレンチ(カバー取り外し用)
+2ドライバ(カバー取り外し用)
廃油受け
消耗品
エンジンオイル4L(正しくは4.5Lですが、オイルフィルタを換えても4LでレベルFとLの中間になります。)
オイルドレンパッキン(交換2回くらいは再利用できますが、基本は毎回交換です。)
オイルフィルタ
手順
1.ジャッキアップ
フロアジャッキで前2輪をジャッキアップし、ウマをかけます。
車高が低くてジャッキがかけられない時は車載のパンタグラフジャッキで片輪を持ち上げてからフロアジャッキをかけてください。
フロアジャッキはカバーの奥に見える出っ張ったポイントにかけてください。 ウマは運転席と助手席のドア下のジャッキアップポイントにかけます。
2.カバー取り外し
Under Cover
ボルトは全部で4本。バンパーのすぐ後ろフォグランプより少し内側に2本あります。
残りのボルトは潜ってロアアームフレーム(?)にあります。車体中央部に2本並んでいます。
後は左右前輪タイヤハウス前側に1本ずつ+ネジと、ロアアームフレーム奥にクリップ2個を外せば落ちてきます。前側はバンパーに差し込まれる感じになっているので、取り付ける時に注意してください。
3.オイル下抜き
Oil Pan&Filer
ドレンプラグの下に廃油受けをおいて、メガネレンチでドレンをゆるめます。
このとき、オイル注油口の蓋を外しておくと気持ち早く抜けます。
ドレンからほとんど抜け切ったら、オイルフィルタをフィルタレンチで外します。
4.オイルフィルタ取り付け
Oil Filter
オイルが抜け切ったらオイルフィルタのゴムパッキンに新品オイルを塗りつけます。
フィルタレンチを使わずに手で回して取り付けます。トルクは「ふんっ」くらいの強さです(^^;
5.ドレンプラグ取り付け
Oil Doren
市販のマグネット付きのドレンプラグを使用しています。
オイルドレンパッキンは毎回交換が基本ですが、2回に一回の交換サイクルにしています。
パッキンの平たい面がドレン側で、尖った面をオイルパン側にします。
ドレンプラグの締め付けトルクは約4.5[kgfm]です。
6.オイル注油
通常はオイルジョッキなどから注油しますが、オイル注油口の回りにウエスを置いて直接オイル缶から注いでいます。
オイルフィルタを交換しているとレベルゲージ中央で4.2リットルくらいです。
7.カバー取り付け
ドレンプラグやオイルフィルタからオイルが漏れていないことを確認してから、アンダーカバーを取り付けます。
取り付けが終わったらガレージジャッキで車体を軽く持ち上げてから左右のウマを外します。
ゆっくりと油圧弁を緩めてジャッキを下げます。
ジャッキアップの時にパンタグラフジャッキを使って車体を持ちあげた時はガレージジャッキを途中で止めて、パンタグラフジャッキを使ってください。
オイルフィルタについて
オイルフィルタは日産車と同じ形状なので社外品が取り付けられますが、取り付け方向が逆さのためチェックバルブ(逆流防止弁)が純正品には付いていません。チェックバルブ付きの社外品を使用するとバルブが抵抗になって潤滑不良を引き起こす確率が高くなります。

ミッションオイル

リアデフオイル
機械式LSDが入っているので、エンジンオイルと一緒に交換します(5,000km)。
道具
フロアジャッキ
(車載パンタグラフジャッキ)
ウマ(リジッドラック)2脚
1/2sqラチェットまたはスピナーハンドル
オイルポンプ
廃油受け
消耗品
リアデフオイル1L(正しくは0.8Lです。)
液体パッキン
手順
1.ジャッキアップ
フロアジャッキで後2輪をジャッキアップし、ウマをかけます。
車高が低くてジャッキがかけられない時は車載のパンタグラフジャッキで片輪を持ち上げてからフロアジャッキをかけてください。
フロアジャッキはカバーの奥に見える出っ張ったポイントにかけてください。 ウマは左右後席ドア下のジャッキアップポイントにかけます。
2.フィラープラグ取り外し
Filler Plug
前もってフィラープラグを緩めます。
リアデフのプラグは2つとも1/2sqのラチェット差し込みで緩められます。
先にフィラープラグを緩めるのは、オイルを抜いてからこのプラグが緩まないとオイルが入れられないために走れなくなるからです。
オイル量によってはプラグを外すと溢れてくることがあるので廃油受けを用意しておきます
3.ドレンプラグ取り外し
Doren Plug
フィラープラグと同様に取り外します。
4.ドレンプラグ清掃
Doren
ドレンプラグには磁石が付いており、金属粉が付着しているのできれいにふき取ります。
5.ドレンプラグ取り付け
ドレンプラグに液体パッキンを塗りつけ、取り付けます。
締め付けトルクは約4.5[kgfm]です。
テーパーネジですので、いくらでもねじ込めてしまいデフカバーが割れますので注意してください。
6.オイル注入
Diff Oil
デフオイルをポンプを使用して注入します。
廃油受けを用意しておき、フィラー孔から溢れたら注油終了です。
7.フィラープラグ取り付け
フィラープラグに液体パッキンを塗りつけ、取り付けます。
締め付けトルクは約4.5[kgfm]です。
ドレンプラグと同じテーパーネジですので、オーバートルクに注意してください。
8.ジャッキダウン
ジャッキアップの逆の要領でウマを外し、ジャッキを外します。



インプレッサのページに戻る
Last Update:'08/1/3