フードブレスグリル取り付け


初めに
今さらという感が強いのですが、STiのフードブレスグリルを取り付けました。
ディーラーの感謝デーでSTiパーツが15%引きで、つい買ってしまったんです。もともと欲しいとは思っていましたが、必要なものではないことから見送っていました。
どこかのサイトで見かけた空力関係の図で、エンジンルームの熱気排出に適した位置が記載されていました。その中でボンネット後端は正圧で、ボンネット中央の前寄りが負圧なので後者が適しているとありました。
インプレッサもその最適(と思われる)位置にダクトがあります。モールドのメッシュは開口部が少なく、更に雨避けの裏ぶたがあり、少し浮かせても僅かな効果しか無いように感じていました。
STiのフードブレスグリルは金網になっているため、裏ぶたの問題さえクリアできればかなりの熱気を排出できると思われます。その上にボンネットから盛り上がる形状は負圧を高める効果があるので、効果的です。

検討
現在はボンネットと裏ぶたの間にナット2個を挟んで僅かなすき間を開けています。
webで調べると25mmの高ナットで裏ぶたを浮かせているクルマがあり、使わせて貰うことにしました。

交換
購入したフードブレスグリルです。左右セットです。
各色ありますが、青はSTS075580100です。

金網が同色に塗装されているんですが、個人的な趣味でつや消し黒スプレーで塗装し直しました。

アップです。

取り付ける前の純正状態です。
#これはこれでいい感じだと思うんですが。

裏ぶたをナット2個で浮かせて、脱着が容易なように蝶ナットで固定していました。
ナット2個は普通のニッケルメッキ品を使用していましたが、雨と熱でサビサビになっていました。
すき間も僅かしかなく、さほど効果がありません。

運転席側は25mmの高ナットを使うと純正のエアクリーナーボックスと干渉してしまうので、以前と同様にナット2個に蝶ナットを使用することにしました。
錆び対策として、今回はステンレスのナットと蝶ネットを使用しました。
更に裏ぶたの前面をプライヤーでひん曲げてすき間を広げました。

裏ぶたを外すと楽になるんでしょうが、この下にはよく壊れると評判(まだ壊したことは無いですが)のエアフロセンサがあり、風雨にさらされて壊れたら元も子もないからです。

助手席側は25mmの高ナットで浮かせてあります。
裏ぶたの固定は蝶ボルトを使用しています。
残念ながらこちらのナットやボルトはステンレス製が見つからずニッケルメッキです。

運転席側です。

結果
かなりイメージが変わったと思います。
MDM-100の水温計での結果ですが、長い下り坂をエンジンブレーキで下っている時、以前は83℃だったのが80℃になりました。サーモスタットが入っているので直接的に温度を比べることは無意味ですが、ラジエターの熱気を排出する効果は認められると思います。走行後手をかざすと以前より熱気を感じます。


クルマのページに戻る
Last Update:'07/10/2