燃料ポンプ・燃料フィルタ交換


5回目の車検を控えて、手つかずだった燃料まわりに手を入れることにしました。
燃料ポンプは10万キロくらい使うと壊れる確率が高くなります。
燃料フィルタは定期交換部品のようなんですが、今まで未交換でした。

※ガソリンは火気厳禁の危険物ですので作業時は注意が必要です。


部品
使用部品
部品名型番個数単価備考
ポンプ,フュエル42021FA320125200ポンプ単体(UNISIA JECS A42H24)
フィルタ,フュエルタンク42072AA20015080

燃料ポンプAssy(42021FA310)は高いので、今回はポンプ単体だけを交換することにしました。
GDBCのコレクタータンク付きに換装するのも惹かれましたが、不況に負けました(汗


作業
燃料ポンプの蓋はトランクにありますが、作業はリアシートを外して車内で行います。
あらかじめ、給油口を緩めて燃料タンクの圧力(ガス)を抜いておきます。
写真はリアシートを取っ払ってトランクスルーになった状態です。


ふたを開けて、まず配線のコネクタを抜きます。
配管に残っている燃圧を抜くために数秒間セルを回します。
#ポンプが動かない状態ではエンジンがかからないんですね。

ガソリンを受けられるようにウェスを用意して3本のホースを抜きます。
ポンプAssyはそのままでは引っかかって出て来ないので、無理をせず回したりしながら抜き出します。

取り出したポンプAssyです。
新品のポンプと並べるとフィルター部分の汚れが気になります。

ポンプを入れ換えました。
コネクタとホースを抜くだけでポンプが外れます。
段ボールの黒い汚れは古いポンプから出た物です。
ポンプの内部部品が摩耗しているので、やはり寿命が近いと思われます。
黒い粉の一部は磁石につきました。ほとんどはつかなかったので、市販されている磁石付きの燃料フィルタはちょっとだけ効果があるかもしれません。

ポンプAssyを車体に戻すときは、残量計のフロートのアームをひん曲げないように注意してください。
最後にゴムパッキンがズレないように固定して、蓋を閉めて完了です。
燃料ポンプ交換はこれで終了ですが、リアシートは全部元に戻さずに引き続き燃料フィルタを交換します。

燃料フィルタはエンジンルームにあります。
ホースは2本ですが、高圧に耐えるため抜くのが大変でした。
フィルタの中のガソリンが多いので動かすと流れ出て来て、面倒でした。


交換後の燃料フィルタは妙にきれいです。
他の交換作業のページでは錆が流れ出るとかって聞きますが、今回は特に何も出てきませんでした(笑。


結果
イグニッションをオンにすると、元に戻していないリアシートの下からひときわ大きなポンプの音が聞こえてきました。
セルはいつもより長く回す必要がありましたが、無事エンジンがよみがえりました。
交換後はセルモーターを回す時間が短くなっています。「キュキュキュボン」だったのが、「キュボン」くらいです(笑

燃料フィルタには汚れが貯まっていなかったので、ポンプの摩耗粉はフィルタまで至らずにすんでいるようです。



クルマのページに戻る
Last Update:'10/10/31