ETC取り付け


初めに
下道好きなので高速道路なんて年に1,2回しか利用しません。
使ってもサーキット観戦くらいなもんです。ETC車載機なんざただのウェイトとかわりありません。
ETCカードなんていう高速道路関係のみで使えるカードを付けて、でも付けっぱなしだと盗まれたりするので抜いておかないといけないとか。
また、よく判らない組織が乱立していて天下り団体いっぱいっていうのが嫌悪感たっぷりで近寄りたく無いです。

そんな人がETC車載機を入れることにしました。助成制度のおかげで安物の車載機がほぼ無料で入手できますが、その助成制度が2008年3月だかで終了する予定になっており今後は数千円かかると思われるためです。現在の助成制度も延長されてきたもののようなので(詳細不明です)、実際に終わるかどうか不明ですが貰える時に貰っておくのは損では無いと考えました。

長々と書いてますが、きっかけはAutomechanic Mailing Listにポストされた、約500円で車載機が入手できるとのメールでした。
セブンドリーム・ドットコムのリースで着払い代金500円と2年後に240円支払うことで車載機が入手できます。このリースではよくある無料のものとは異なり、ETCカードの縛りがありません。多くの「車載機無料」と宣伝されているものはクレジットカードを申し込んだ場合に適用されるもので、これ以上カードを作りたくない人には魅力的ではありません。
#それでも年会費無料のカードが多いので、気分的なものだけになりつつありますが。
結局セブンドリーム・ドットコムの車載機を申し込むことにしました。

注意

・分解/改造を行なった場合、メーカーの保証は受けられなくなります。
・この記事を読んで行なった行為(分解など)によって発生した損害はkappa、メーカーはその責を負いません。
・この記事についてメーカーに問い合わせはしないでください。
以上の注意点を納得した上で下記記事をお読みください。

検討
上記のETC車載機はETCカードを差し込む本体とアンテナが分離している別体型です。
取り付けは以下の条件で検討します。
・本体はETCカードの有無に関らず車外から見えない位置に取り付けたい。
・でもETCカードは抜き差しが容易にできるようにしたい。
・LEDは運転中に見られるようにダッシュボード付近などで見たい。
・アンテナはウィンドウには付けたく無い。
・エンジン始動の度に車載機も起動して「ピーピー」鳴るのは許せない。

方向としては車載機本体を運転席足元に置き、電源スイッチを用意し、アンテナは小物入れの蓋に取り付け、LEDを延長します。
都合よくダッシュボードのメクラ蓋が余っているので、LEDとトグルスイッチを取り付けることにします。

改造
届いたETC車載機とアンテナです。
モデルは古野電気製のJ-ES102ですが、マニュアル表紙などには「日本ロードサービス株式会社」のETC車載機と記載されており、FNK-M03と同等のOEM品のようです。
以下の流れとスケジュールでした。
  web申し込み
    ↓(約5日)
  書類受取
  申込書返送(車検証コピー添付)
    ↓(約1週間)
  着払いで車載機受領
セットアップ作業などはほぼ即日行われた模様です。

小本体の固定ネジは携帯電話で使われているような頭がY字のものでしたが、同僚がドライバーを持っていたので借りて、分解しました。今後のためにネジは普通のプラスネジに差し替えておきます。

LED付近のパターンを追いかけて回路図に起こしました。コントローラICの出力をデジトラでインバートし、プルアップされているLEDの電流を引き込んでいます。
プルアップ抵抗が150Ωなので電源電圧は5Vと想定しています。
回路図を紙に起こして検討します。単純に考えて、IC出力をバッファーを使ってLEDをドライブすることで、リード型のLEDを外部に出力出来そうです。
入手できたのが74HC125でした。

ユニバーサル基板にHC125を半田付けして、コントローラICの出力をデジトラの足から線を出そうとして愕然としました。


     足小さっ

いくらなんでもハーネスを引き出すのは無理な大きさの端子です。
自宅にある半田ごては30Wのケーブル制作などの電気工作には適していますが、電子工作には向きません。
#半田付けが汚いのはこれが理由です。けっして下手なんじゃnjfeodfd5sfsぐはっ

そこで急遽HC125のコントロール端子(負論理)を使って、インバートのバッファに仕立てました。

子基板を取り付けて改造が終了した本体です。
これから動作検証するため、LEDを接続してあります。クルマに搭載する時は約1mのハーネスで延長します。


最終の回路図です。
#HC125の入力に直接Vccが入ってるとか、使っていないピンを処理していないとかのツッコミは禁止(笑


動作検証中です。
マウスオーバーで写真左端のLEDと右上の追加LEDが赤色や緑色に点灯しているのが確認できます。
延長ハーネスを使わずにLEDを繋げています。

車載機から引き出したLEDはダッシュボードのメクラ板に穴を開けて引き出しました。
電源スイッチは今回ターボタイマーのハーネスに来ているイグニッションから引きました。

LEDとスイッチに寄った写真です。
左側の白っぽいLEDが車載機から引き出したものですが、右側の赤いLEDはこれから回路を作るもので、まだダミーです。

結果
とりあえず車載状態で電源スイッチの動作とLEDの点灯は確認できました。
年に1,2回しか高速に乗らないので、いずれ動作確認が出来るでしょう。
ただ、そのときにETCカードを忘れずに、かつETCゲートに向かうことができるかどうか不安です(笑


('09/5/4追記)
一年半も経った本日、中央道の河口湖IC→八王子ICで無事使えました。
休日特別料金で\950でした。
でも、渋滞しまくり。やっぱ下道のほうがいいです(笑


クルマのページに戻る
Last Update:'09/5/4