GC8G改造(色々 その5)


ページを作るほどじゃない簡単な改造を紹介します。

マップランプ LED化
PND取り付け
タイヤ交換
助手席側ヘッドライト交換
ヘッドライトリレーハーネス交換





マップランプ LED化

10年以上前にオートメカニックで紹介された、CARMATEのマップランプを使っています。
見た目から「(無線の)マイク?」と聞かれることもありますが、明るいのがお気に入りです。ただ、10Wのランプの消費電力は気になっていました。
そこでLEDに交換することにしました。明るさを求めると1Wや3WクラスのLEDになります。300mAから1Aの電流が必要なので、一緒にLEDドライバーも用意します。


大体電子部品は秋葉原に行ったついでに千石通商か秋月電子で買ってます。
ということで、秋月電子のサイトで適当なLEDとドライバーを選んで、買ってきました。
放熱基板付1W白色パワーLED(OSW4XME1C1S-100)
定電流方式ハイパワーLEDドライバモジュール(1W1個)(OSMR16-P1211)

LEDとドライバーを合わせて\290でした。1Wにしたのは3Wの発熱をいなす自信が無かったのと、価格ですww



マップランプのカバーを開けて、反射鏡を外したところです。
10Wのハロゲンランプなのでソケットもセラミックだったり、放熱対策がされています。


改造なので、基本的に現物合わせですww
反射鏡の穴がLEDより小さかったので、反射鏡の前側にLEDのモジュールを取り付けることにしました。
アルミの反射鏡なので、ドリルで穴を開けてネジ2本でLEDを固定します。
さらにLEDの横に少し太い穴を開けて、ドライバーの出力線を通してLEDに半田付けします。
ドライバーの入力端子はシーソースイッチの端子に直接半田付けして固定します。
もう一本はカールコードの線を半田付けします。
#メンテナンス性は考慮されていません(汗


半田付けが終わった時点で、動作確認します。
バッテリにシガーソケットを繋いで、接続すると明るく光りました。
点灯時の発熱も問題無さそうでした。一応反射鏡とLEDの放熱鏡のすき間にCPU用のシリコングリスを付けて、接触度を上げておきました。
最後にカバーを戻して完成です。

消費電力10Wのハロゲンランプが、合計\290で約1W LEDになりました。
(ドライバーの効率が90%なので、3.3Vx300mA/0.9=1.1Wです)

('17/2/4追記)

カーラジオを聞いている時に点灯したらノイズが入ったので、電源ラインに0.1uFのパスコンを入れました。
一応ノイズ対策できました。




PND取り付け

写真は2004年に会社の先輩からいただいたカーナビ(AVIC-D9500)です>感謝:○岡さん
人生初カーナビでしたが、7インチモニタで使いやすかったです。
地図も3回買い替えて使ってきましたが、2007年が最後の更新でした。
さすがにそろそろ辛くなってきたので、買い替えを検討していました。

カーオーディオでDINのスペースが空いていないので、オンダッシュで探すとPNDしか残っていませんでした。GPS付きのタブレットとナビアプリも検討しましたが、夏場に発熱で止まることやオフラインで制限があることから見送りました。



パナソニックのPND CN-SP735VLにしました。

CN-SP735VLプレスリリースより引用
 ☆大画面7V型ワイドVGA液晶ディスプレイ、大容量16GB SSD採用
 ☆「GPS」「ジャイロ」「準天頂衛星みちびき」で現在地をより正確に測位
 ☆「道路マップ無料更新」「FM-VICS」に対応
AVIC-D9500と比べると車速パルスが無いことが違いますが、4.7kgから0.5kgとだいぶ軽量になりました。



そのままではいろいろと使いづらいので、前処理します(汗
・スタンド用ガイドレールに適当なL字の板をテープで固定します。
 ガイドレール奥にあるマイクロスイッチを押すようにしておきます。
 #専用スタンドを使わなくてもVICSが受信出来るようになります。
・ブレーキセンサー端子に短く切った割りピンを差し込みます。
 #約2φで、10mm程度にカットして面取りしてあります。
 こちらの記事を参考にしました(感謝>博様)。オービスデータも使わせてもらっています。
・盗難防止にステンレスワイヤーをストラップ取り付け穴(?)に通しておきます。
 #黒いビニールコート1.2φワイヤーです。車体に南京錠で繋げます。



AVIC-D9500のモニタと同じように小物入れの蓋に両面テープで固定します。
電源スイッチが上面なので、両面テープを重ねてすき間を作りました。
#今回もスタンドは使っていませんww
電源のシガープラグは増設ソケットを使ってDINスペースの奥にしまっています。
一応電源コードは根本の辺りでフェライトコアに4ターンくらい巻いています。



取り付け後、GPS受信状態を確認しました。
無事衛星を補足しています。
なお、アプリケーションバージョンはP13B7000031でした。


('13/10/6追記)
見通しのいいところでは9〜11個の衛星を捕捉します。起動時も1分以内には捕捉しているようです。ETCのアンテナが小物入れの蓋の裏に貼り付けてあるけど影響は無さそうです。
#外付けGPSアンテナも用意したのに、必要無さそう。
VICSもすぐに文字情報が表示されるし、ルート検索も早く普通に使えます。14年前のナビと比べれば良くなってて当然でしょうけどw
一点気になるのは、しばらく右左折が無いところでAVIC-D9500は地図のスケールが自動で小さくなって見通しが良くなる機能があったのが、これには無さそうなところです。
#ろくにマニュアルを読んで無いので、あったらゴメンwww

('14/8/10追記)

しばらく使っていない状態から電源を入れると衛星の捕捉に数分かかります。
外付けアンテナにするとその時間が短くなるらしいので、外付けアンテナを付けて見ました。
純正ではなく、社外品(SPARKFUN GPS-08254)です。千石通商で買いました。
実はナビ入手時に買ったけど、無くてもいいかなと付けていませんでした。
実際付けて見ると最初の捕捉は約一分でできそうです。

#最初の捕捉時間が待ちきれないせっかちさんにお勧めですw



タイヤ交換

7年、43000km走行のRE-01R(205/50R16)です。
フロントはまだスリップサインまで少し残っていますが、リアはほぼスリップサインまで減っています。
この状態でホイール込みの質量は15.7kgでした。



前回と同じく町田にあるタイヤ安売王さんで交換してもらいました。

無理を言って、交換作業中にホイールの質量を測定させてもらいました。
STiブランド16"x7JJ(RAYS TE37のOEM)ですが、6.1kgでした。



DIREZZA ZII 205/50R16にしました。
2013年40週(2013/9/30〜10/6)の製造品です。
ホイール込みの質量は15.5kgでした。



DIREZZA ZIIのパターンです。


カタログなどから拾った寸法データです。
外径が変わらないのでメーター関係の誤差は無いはずです。
タイヤ外径[mm]幅[mm]
RE-01R612214
DIREZZA ZII612211
翌日空気圧を測ったら、2.6〜2.7kgf/cm2入ってました。
#組み付け時は多めに入れるとは聞くけど、リアの指定は1.9kgf/cm2ですwww



助手席側ヘッドライト交換

クルマに乗る前にふと、なんかヘッドライトが汚れているなぁと思ってよく見たら割れてました(涙
ライトの中にガラス製の富士山みたいなのが落ちてました。
新品は\3,2000ほどしますので、オークションで探しました。

<参考> ランプ アセンブリ,ヘッド レフト(P/N. 84001FA471)  \31,700
※Type RAなので標準H4バルブではなく、100/80WのH4Rバルブ専用のヘッドライトです。



フロントグリルとポジションランプを外すとヘッドライトの取り付けボルト4本にアクセス出来ます。

#黄色いコードはリレーの配線です。



オークションで左右セットが約\18,000でした。
中古なので当然飛び石の傷やらヤレ感がありますが、安さには勝てませんw


おまけ

交換したヘッドライトの光軸調整のついでに各ランプの点灯チェックをしたら、ライセンスランプが切れていました。
分解して見るとLED自体が飛んでました(涙
約9年使ったので、そんなもんでしょうか。


市販品も考えましたが、手持ちの部品でちゃちゃっと作りました。
昔買ったLEDを2個直列に接続して抵抗で電流制限します。
20mA弱流すのに390Ωを使いました。

使用LED: HOTHINK K15CWB-03(1500mcd 3.6V 20mA 20deg)



若干ムラがありますが、そこそこの明るさがありました。
#仕様いっぱいの電流なので寿命短いかも(汗




ヘッドライトリレーハーネス交換

ヘッドライトのリレーハーネスを交換しました。
今回効果は測定していませんが、前回と同じ程度と推測します。即ち、良くも悪くもなって無いはずw



GC8Aの時から使っていたリレーハーネス(SS Limited/CIBIE System1, 1993年購入)です。
先日ヒューズボックスを開けて見たら、ヒューズのプラスチック部分が溶けた感じになっていました。多分接触不良で発熱したと思われます。
ヒューズは交換したものの、ヒューズボックスのあちこちが経年劣化で崩れて来ていました。
さすがに20年経ったのも考えて、交換することにしました。



昔はたくさんのリレーハーネスが市販されていましたが、今はこのIPFのWH-2くらいしかありません。
LEDヘッドライトが実用化されている時代ではリレーハーネスを買う人などそうそう居ないでしょう。
#今回はamazonで買いました。

昔懐かしいガラス管ヒューズ使用品です(125V25A 6.4φ×30mmが入っていました)。


リレーのケースを開けて見たら、ミツバのRC-2208が入っていました。
定格12V20Aです。
WH-2の説明で"600wMAX"って書いてあるけど、リレー2個で480Wしかありません。
えーっと....www

RC-2217は12V25Aなので、これなら600Wまで行けます。

取り付けは古いリレーハーネスと同じにしました。
オルタネーターの出力端子が太いので、円型端子の内側をヤスって取り付けました。

('14/7/21追記)

購入時からガラス管ヒューズが気になっていました。今ほぼ絶滅しているのは、振動等で断線したりと寿命がある点です。



ということで、エーモンのミニ平型ヒューズホルダーE425を2個買いました。
線の両端にギボシを圧着しました。
#30Aのヒューズは買いだめしてあったのを使います。



ガラス管ヒューズホルダーの両端で配線をギボシに変えて、間に上のヒューズホルダーを挟みました。
#もしギボシが抜けても活電部が露出しないようにオスメスを決めます。

これで安心です。
ヒューズを統一しておくことでトラブル発生時の流用も可能です。


クルマのページに戻る
Last Update:'17/2/4