GC8G改造(色々 その4)


ページを作るほどじゃない簡単な改造を紹介します。

バッ直ハーネス交換
LEDルームランプ取り付け
ブーストメーターホース交換





バッ直ハーネス交換





2001/4に引いたハーネスです。
バッテリから車内のヘッドユニットまでバルクヘッドを通してハーネスを引きました。
当時使っていたADDZESTのヘッドユニットのボリュームをあげるとバスドラムのアタックの瞬間イルミネーションが暗くなるのが改善しています。
当時手持ちの電線がUL1007 AWG18だったので、容量を稼ぐため2本引きました。
#他にあったAWG16は紺色だったので、却下。
許容電流9Aなので、2本では最大18Aです。
実用上これでも問題はありませんでしたが、やり残した感があるのでそれなりの太さの電線に変えることにしました。



秋葉原でHKIV 3.5sqを買ってきました。
許容電流39Aです。
バッテリからすぐにエーモンのヒューズを入れてありますが、その線が3sqなので十分です。
それに、これ以上太いとギボシに圧着できませんw

※バッテリの充電制御が入っている最近のクルマではバッテリの充電が足りなくなる恐れがあるので、バッ直ハーネスは止めてください。






LEDルームランプ取り付け




秋月電子通商LEDルームランプ(I-02199)です。
6LEDで通常の電球より大きいので、車種によっては収まらない場合もあるようです。



8Wの電球(高効率タイプ RAYBRIG RB3173)と比較するとちょっと暗いです。
フラッシュを使っていますが、シャッタースピードが電球:1/80、LED:1/60でした。
LEDは27mAなので、0.3W程度です。





ブーストメーターホース交換




10年前にブーストメーターを設置して以降、ブーストホースは特にメンテナンスしていませんでした。
でも、実はエンジンからバルクヘッド手前まではシリコンホースですが、それ以降は普通のゴムホースを繋げてました。



ブーストはインマニの配管を三つ股で分岐しています。
昔ネットで調べて、ここから取るのが最適ということでした。



今回ホースをSARDのシリコンホース(2m)に交換しました。
2mでギリギリ足りました。
ちなみに元々使っていたのもSARDのシリコンホースでした。なぜ1m程度しかなかったのかは不明ですw



ついでに微妙に向きが悪かったブーストメーターの位置を調整しました。
少し手前に動かし、ドライバーの正面に向くようにしました。




クルマのページに戻る
Last Update:'13/5/22