マスターシリンダー・キャリパーOH その2



前回約8年前にオーバーホールしていますが、そろそろかなということで2回目のブレーキオーバーホールをすることにしました。
前回挫折したマスターシリンダーのオーバーホールもリベンジしたいと思います。
部品
使用部品は前回と同じです。
#価格はだいぶ上がってますが(涙
交換
交換手順は前回の手順を参照してください。
マスターシリンダーはマスターバックにナットで固定されていますが、ハーネスが邪魔でクリップを外すのが手間でした(下マスターバックの写真参照)。
写真

マスターシリンダーです。
クローフットレンチがあるので、余裕と思ってましたが、ラチェットのヘッドの厚みでフレアナットにアクセスするのが困難でした。
#想定外だったのは、ラチェットヘッドがフレアナットを通っているホースと干渉してろくに使えないこと。ダメじゃんw
KTCのフレアナットレンチはオフセットが大きいので、なるべくストレート形状のフレアナットレンチがあると作業が捗ります。


約2時間かけて取り外したマスターシリンダーです。
この外し方が一番合理的と思って外しました。


マスターバックです。スタッド2本にナットでマスターシリンダーを固定していますが、向かって左側が手が入らず時間がかかりました。


マスターシリンダーOH中です。
写真上の部品3個がマスターシリンダーOHキットの中身です。
シリンダーを覗くとキズ等は見られなかったので、ピストンのゴム部分にシリコンブレーキグリスを塗って取り付けました。

キャリパーOH中の写真です。
ブレーキホースの先に空気入れをブチルゴムの両面テープで無理矢理繋いで、ピストンを空気圧で押し出しています。


リアキャリパーのシリンダーです。
特にキズは見られませんが、一部のピストンにはキズが見られました。パッドが無くなったくらいの位置なので気にしないことにw


ブレーキホース交換、キャリパーOHの後、車体に戻しました。

マスターシリンダーを取り外したのでエア抜きは慎重に行いました。


交換後
パッドやローターはそのままなのでアタリは着いているんですが、それでもしばらく違和感がありました。
自宅を出たところで効き具合、ちょっと走ったところでフルード漏れと引きずり有無を確認して問題無いことを確認しました。


クルマのページに戻る
Last Update:'16/5/14