ブレーキキャリパーOH


4回目の車検を控えて、手つかずだったブレーキキャリパーのOHをすることにしました。
なんで放っていたかって言うと、対抗4ポッド×2+対抗2ポッド×2=12個のピストン抜きが面倒以外のなにものでもないからです(汗
ついでなので、ブレーキホースも交換することにします。

ブレーキキャリパーのOHは技術的には決して難しい作業ではありません。ですが、不具合が発生した場合重大な問題が発生する恐れがあります。作業には細心の注意を払い、動作確認は人気のない場所且つ低速で十分行ってから公道に出るようにしてください。



部品
キャリパーのオーバーホールはシールキットを用意するだけです。ブレーキホースの交換でガスケットを使用します。
使用部品
部品名型番個数単価備考
Frontシールキット,フロントディスクブレーキ26297FA05112090左右セット,グリス付き
ブレーキホース,フロントライト26550FA04012740
ブレーキホース,フロントレフト26550FA05012740
Rearシールキット,リアディスクブレーキ26697FA00012260左右セット,グリス付き
ブレーキホース,リアライト26550FA06012880
ブレーキホース,リアレフト26550FA07012880
ガスケット,ブレーキホース114130151840
リペアキット,マスタシリンダ26471FA01115230

マスタシリンダーのOHも考えてキットを購入しましたが、予期せぬエラーで今回は見送りました。
作業
キャリパーの取り外しは、ブレーキパッド、ブレーキローター交換を参照してください。

今回はブレーキホースも交換するので、まず車体側の接続を10mmのフレアナットレンチで緩めます。ここでトラブった場合はホース交換を諦める必要があります。
なお、オープンエンドレンチでは舐める可能性があるので必ずフレアナットレンチを使用します。
#でも、パイプの保護カバーが太くてフレアナットレンチが入らず、一回諦めかけたのは秘密です(笑

写真はエア抜きの要領でフルードを抜こうとして、ニップルからホースが外れて大惨事になったあと、フレアナットを緩めるために養生している状態です(汗


ピストンを抜くのは先達の知恵をお借りして、ブレーキホースの先端に足踏み式空気入れのアタッチメントを繋いで空気圧で抜くことにしました。
径の違いはブチルゴムの両面テープを伸ばしながら巻きつけてすき間埋めにしました。
ピストン抜け止めに一般的に使われているカマボコ板が無かったので、久しぶりにカマボコを食べるのもと思ってスーパーに買いに行ったら、\980 (@_@)
諦めてピストン戻り止めツールで代用することにしました(こっちがメイン?

予想通り4ポッドの最後の1個が抜きにくくて難儀しました。


ブレーキクリーナーでキャリパーとピストンを磨きます。
特に目立つ傷はなかったので、ピストンに浮いていた錆びや汚れを真鍮ブラシで磨きます。

写真のシリンダーに見える溝がピストンシールが納まる場所です。


バラバラになったキャリパーです。写真は助手席側の前後キャリパーです。
なお、フロントとリアそれぞれのキャリパー単体(ブレーキパッドやシムを除く)の質量は4.7kgと1.45kgでした(体重計にて左右セットを測定し、1/2)。

キャリパーの下に並べたのは、上からピストン、ステンレスリング、ピストンシール、ダストブーツです。
なお、リペアキットにはステンレスリング、ピストンシール、ダストブーツ、ニップルのゴムカバーが左右分と、グリスが含まれていました。
フロントの方がリアの倍の物量なんですが、リアのほうが値段が高いのはなんででしょう?


組み立てはバラした時の逆で、特に難しい事はありません。

1. キャリパー内側のシリンダーの溝にシールを嵌め込みます。
2. ピストンにグリスを塗ってシリンダーに押し込みます。
3. ダストブーツをまずピストンの溝に入れて、更にキャリパーに被せます。
4. ステンレスリングをダストブーツに被せて固定します。

今回グリスはキットに付属のモノを使わずに、WAKOSの耐熱シリコングリースを使いました。
通常は上の手順2.だけですが、1.〜4.全部の工程でグリスを塗りたくりました。
ピストンの溝に浮いて来ていた錆びの予防になればと思います。


ピストン内側に浮いている錆びは落としにくいので放置です(^^;


キャリパーをボルト2本で固定して、ブレーキホースが無理に捻れないように注意しながら接続します。

ブレーキホースはそれぞれ微妙にクランプの向きなどが異なっているものの、どれでも無理になら取りつけ出来る形状のせいか、ホースに色のついた帯でマーキングされていました。
運転席側(R)のフロントが白色、リアが緑色でした。
助手席側(L)のフロントが無印、リアが茶色でした。


同じくリアのキャリパーです。

マスターシリンダーにブレーキフルードを注いでエア抜きを行います。
今回1L缶を用意しましたが、思ったよりは余りました。
#余った分はいつものクラッチのフルードの手抜き入れ換えに使いました。

エア抜きを2周し、とりあえず試運転をしました。走り出す前にポンピングを数回して当たりを付けました。極低速でブレーキを踏むとかなり奥で効く、スポンジーな状態です。
予想通り途中でエア噛みしていますが、制動力は十分なのでポイントが奥なのを注意しながら近所を一周しました。
#動かさないと噛んだエアが抜き辛いので。

翌日、もう一度エア抜きを行いました。
数日後、またエア噛みを感じたのでもう一度エア抜きを行いました。


結果
過去ブレーキパッド交換やローター交換、ブレーキフルード交換はやっていたので、初めて行うのはキャリパーの分解清掃とブレーキホース交換だけでしたが、結構時間がかかりました。一日3〜4時間で3日+2時間程度でした。
空気入れでピストンを抜く時、ムニムニと出てくるのが楽しい感じでした。
約8年使用したダストブーツに亀裂は無く、結構保つもんだなと思いました。




マスターシリンダーとKTCのフレアナットレンチです。
プロポーショナルバルブごと外すのも考えましたが、それでも外せそうもないパイプがあるので今回は諦めました(涙
#クローフットレンチ(どんなのかは、ABITへのリンク参照)を購入して次回トライします。
##でも、次回が先か、廃車になるのが先か(汗




クルマのページに戻る
Last Update:'10/4/29