バッテリ交換・充電


説明
インプレッサは結構大きなバッテリ(55D23L)をフロントオーバーハングに乗っけています。
以前バッテリが上がった時には週末にしかほぼ乗らないこともあり、容量の大きい75D23Lに買い替えました。
#出先で上がるよりはと、多少の重量アップに目を瞑りました。
大枚はたいたバッテリも7年を越え、そろそろ交換時期です。
そのまま55D23L/75D23Lにするか、40B19Lなどの軽量タイプにするか考えました。
40B19Lは端子のサイズが違うので、クルマ側端子を打ち替えるかアダプタを使う必要があります。
激安40B19L(\3000程度)か高性能な55B19L(\7000程度)で悩む必要はありますが、55D23L(\12000程度)よりは安くて軽量です。 バッテリの形式と5時間率容量の違いは以下のようになります。
JIS形式5時間率容量[Ah]外寸HxDxW[mm]
40B19L28202x127x187
55B19L36202x127x187
55D23L48202x173x232
75D23L52202x173x232

努力の伴わない軽量化(+コストダウン)は願ってもない事ではありますが、容量が減るのは不安なので55B19Lを購入することにしました。
それでも、55D23Lの8割程度の容量しかないので、充電量の管理にバッテリ充電器も購入することにしました。
充電器
バッテリをどうするか決める前に、なぜかAC DelcoのAD-0002を購入しました。
単純な充電だけでなく、使い込んだバッテリの極板に発生するサルフェーションを減少する効果や、通常の充電が出来ないほど性能が低下したバッテリを強制的に充電する機能を持ちます。
電源ケーブルと充電ケーブルは本体背中に収納でき、紛失の恐れも無く手軽に扱えます。
Fire Roadsterの実験室に詳しいインプレ等があります。

AD-0002紹介ページより引用
☆充電電流:Selectキーで簡単選択 AD-0002(2/6/10/12/15A)
☆スイッチング方式採用
☆パルス充電方式による4ステージチャージ
☆サルフェーション減少機能
☆オートウェイクアップ機能により常時満充電レベルを維持します。
☆バッテリーメンテナンス機能
☆バッテリー診断機能
☆オルタネータ チェック機能
☆安全機能 [オーバーチャージ&オーバーヒート保護機能]
       [短絡(ショート)保護機能]
       [スパーク防止クリップ採用]
☆見やすいデジタルディスプレー採用
☆電源コード、充電ケーブル収納に便利なスペース付き
充電
1.75D23L充電
まずはブレーキフルード交換時にブレーキペダルを踏みまくった結果、インジケータが「要充電」の白色になった7年ものの75D23Lに充電して見ます。
#普段ブレーキフルード交換時はヒューズを抜くようにしているので、今回はわざとですw
なお、これまでこのバッテリが上がったことは無く、普段はなんとかセルが回る程度の力があります。


マニュアルによると75D23Lの充電電流は6Aが推奨値なので、その通りにしました。
普通に充電する分にはバッテリに接続して電源入れて、充電電流を選ぶだけなので簡単です。
色々な機能は充電中に勝手に動作するので、特に気にすることも無く充電完了を待つだけです。充電完了後も必要な分だけを自動的に補充電してくれるので、繋ぎっぱなしでも問題ありません。
ただ、明るいところではLED表示が全く見えず、最初の充電電流の選択がちょっと不安でした。

#充電中、ファンの付近に蚊が寄ってきてたんですが、何か引き寄せるものがあるんでしょうかw


AD-0002の消費電力は40〜120Wで上下していました(ワットチェッカー使用)。

2.充電完了
ワットチェッカーで見た今回の電力消費量は0.22kWhでした。
自動的にオートウェイクアップモードになっていましたが、初回ということもあって夜を越すのはちょっと不安だったので取り外しましたw
翌日バッテリのインジケータを見ると、「正常」の緑色になっていました。
このときのバッテリ電圧はテスターで12.79Vでした。
3. 5日後
日曜日に充電して、金曜日まで経つと電圧は12.45Vでした。
暗電流による電圧低下がこれまでよりも少ないので、低下していた容量が若干改善していると言えます。
まだまだ7年ものの75D23Lも使えそうです←えっ(笑
4. 再充電
日曜日にまた充電してみました。
そのまま約一日(28h)オートウェイクアップモードを継続してみました。
ワットチェッカーでの電力消費量は0.16kWhでした(充電も含む)。
スタンバイ状態での消費電力は3Wでした。
5日後のバッテリ電圧は12.49Vでした。
常時充電をすることも可能ですが、電気代が値上げする見込みが高いので月に一回くらい充電するような使い方がいいかと思います。

バッテリ交換

1.バッテリ
パナソニックのcaos N-55B19L/C4です。
ネットの安いところで購入しました。\5,740でした。
底に"0120411"の印刷があったので、2012年4月生産のようです。
入手時の初期電圧は12.63Vでした。
2.アダプタ
「自動車用バッテリー太端子変換アダプタ」はジェームスに置いてあることが多いらしいので、出かけたついでに寄った相模原店で無事ゲットしました。\819でした。
3.交換
55B19Lは75D23Lよりも小さいのですが、とりあえず固定用ブラケットは買い替えずに現行のまま使用します。近いうちにブラケットと底に敷くトレーを買い替えます。
100円ショップで購入した保温用のアルミシートで周りを囲みます。

アルミシートでカバーしちゃうとパッと見 大きさが変わりませんがw
ちなみに、7kg弱軽量になりました。
モデル実測質量
MAX-V 75D23L-MF16.1kg
caos N-55B19L/C49.4kg

結果
鈍感なもんで、軽量化の効果は感じられませんでした(汗
これであと5年は乗れるけど、その頃には17年もの....


('13/5/25追記)
さすがに75D23Lと比べると1〜2週間放置後の電圧降下が多い気がします。
なので月に一回くらいAD-0002で充電して、安心も充電していますwww
caosは突然死するらしいので、注意はしています(汗
今のところ特に問題も発生していませんが、xxB19Lサイズ用トレイとブラケットを購入しました。ロッドは少し長いですが、そのまま流用します。ボディには元々xxD23L用とxxB19L用の穴が開いているので、トレイとブラケットを用意すればきれいに固定出来ます。
トレイは遮熱板付きにしました。
使用部品
No.部品名型番個数単価備考
1ホルダ、バッテリフィックス82182AA0201641 
2トレー、バッテリ82122FA0201840 

ちなみに少し安い遮熱板無しのトレイは P/N. 82122AA020 トレー、バッテリ です。



トレイの遮熱板の効果を上げるため、100均のアルミテープを巻きました。
赤外線を反射するので、わずかながら遮熱効果がアップするはずです。



アルミシートでカバーしているせいであまり変わりませんがwww



('17/8/6追記)
5年間定期的に充電しつつ、問題なく使えてきました。頃合いと思い新しいバッテリーにすることにしました。

古河バッテリーのFB7000です。44B19Lなのでcaosと比較すると容量は少なめです。
5時間率容量は34[Ah]、入手時の電圧は12.83[V]でした。


新旧を並べました。
手前は太端子変換アダプタです。
なお、質量は9.4[kg]と変わりません。

44B19Lを取り付けました。
いつものようにAD-0002で充電します。

なお、取っ手は外してませんw



クルマのページに戻る
Last Update:'17/8/6