オルタネーター交換



説明
以前オルタネーターは10万キロ走行でオーバーホールが必要と言われていましたが、最近は20万キロくらいは保つようです。
13万キロ近く走行したkappa号もオルタネーターのオーバーホールや交換を検討していました。
オルタネーターの新品は7〜8万円しますので、通常は程度のいい中古かリビルト、又はオーバーホール作業のどれかを選択することになります。
GC8Gに搭載のオルタネーターは75Aの出力品が使われていますが、レガシィなどでは110Aの高出力タイプが搭載されているモデルもあります。そしてスバル車の伝統wで高い確率でポン付け可能です。

ということで、ネットで中古を探すこと約半年、BP5レガシィのを解体屋が安く出品しているのを落札しました。総額7410円でした。もちろん世の中に旨い話など転がっている訳は無いのでwww、届いた中古品はベアリングがお亡くなりになっていてプーリーを手で回すとリーンと涼しげな音がします(汗
消耗品のベアリングとブラシを交換するオーバーホールは、前後のベアリングを抜くのにベアリングプーラーとギアプーラーの二つが必要なので諦めました。
そこで、またまたオークションでこの中古オルタネーターと同じモデルのリビルト品を探し落札しました。即決19000円でした。
標準品(75A)をそのままリビルト品に交換すると24000円程度ですが、今回110Aのリビルト品にして合計26410円かかりました。

作業

13万キロ弱走行のオルタネーターです。
P/N. 23700AA380 (A2TB3091)
三菱製75A出力です。なお、GC8前期型は23700AA280で制御端子が2ピンです※(23700AA380は3ピン)。増えた1ピンは発電量の制御信号で、燃費低減に有効なようです。配線図上はECUまで繋がっていますが、本当に制御をしているかは不明です。
#エアコンONでフルパワーとか、回転数が高い時は発電量を落とすとかしていて欲しいなぁ(^^;
※2→3ピンの変換ケーブルがオークションで入手出来るようです。



水平対向エンジンではオルタネーターへのアクセスは非常に便利です。
作業前にバッテリのマイナス側を外して、感電を予防しておきます。
赤いゴムカバーの付いたB端子と3ピンのコネクタを外します。アース線を追加している場合はそれも外しておきます。
ボルト3本を緩めてベルトカバー2個を外しておきます。



向かって右側の固定ボルトと左側にあるテンショナーのロックボルトを緩めます。
テンショナーのボルトを回してVリブドベルトのテンションを緩めます。
ベルトをプーリーから外します。
左右のボルトを外せばオルタネーター本体が引っこ抜けます。

#今回は手つかずですが、プーリーボルトもインパクト無しでは手ごわそうです。



手元に揃った3つのオルタネーターです。
左から、取り外した23700AA380、中古23700AA520、リビルト23700AA521です。
質量はそれぞれ、5.0kg、5.6kg、5.6kgでした。
測定していませんが外形寸法に差異は見られません。ローター径も同じでした。
標準23700AA380はとりあえず保管します。中古23700AA520はリビルトのコアとして返却します。通常コアはリビルトと同じ品番のものである必要がありますが、出品していた代理店に問い合わせたところ問題ないとの回答だったので、23700AA521になりました。SUBARU FAST-IIでは互換品となっています。今回のリビルト品はラベルが残っていないので若干の妖しさがありますがw
リビルト品は代理店がオークションに出品していて、物は京都の石友商会から直送されてきました。コアの返却先も石友商会宛になっています。



リビルト品23700AA521 (A3TG0491)はすんなり取り付けられて、全く問題ありませんでした。
通常通りにベルトにテンションを掛け、配線を接続します。
エンジンをかけてB端子とグランド間の出力電圧を測定しました。
状態標準品リビルト品
冷間14.73V14.83V
冷間+ヘッドライト点灯14.71V14.79V

110A品のほうが電圧が高めです。ま、誤差程度ですが。


結果

動作確認が終わったら、カバーを戻して作業終了です。
念のため標準品を積んで、MDM-100の電圧表示を確認しながら近所を一周しました。

標準品(75A)はアイドリングでは40A程度しか出力せず、それ以上はバッテリからの持ち出しになります。110A品ならきっと40A以上は出力するに違いありません。というか、してwww
#電流計がちょっと欲しいカモ


バッテリを小型化したことで充電量を少し気にしておく必要があると思っていたので、約26400円で消耗品を交換して大容量化できました(^^)



クルマのページに戻る
Last Update:'15/3/7