エアコンパネルLED化



説明
夏場の夜間エアコンパネルに触ると熱いと感じる時があります。
以前調べた時は内部の電球の周りのプラスチックの色が変わっていたので、省電力含めてLED化することにします。
今回、A/Cと内外気切り替えボタンの緑色2個と丸穴の無色2個をLED化します。
作業

エアコンパネル内部です。上側の丸穴から麦球が飛び出しますが、その周りが焦げてますw
麦球といっても3Wなのでそこそこ熱を持ちます。
あとで出てきますが、ソケットもいい感じに焦げてます。



取り外した緑色の麦球と同じように緑LEDと抵抗のセットをソケットに取り付けます。
緑LED: 東芝 TLGE160(2400mcd 2.27V 50mA)
抵抗: 660Ω(220x3)
#スミチューブの中に抵抗2個直列で繋いであります。



緑色と同じようにソケットに白色LED3個と抵抗を直列に繋ぎます。
3個が左右と手前の3方向になるように立体配線します。ある程度方向が変えられるように配線に余裕を持たせつつ、ショートしないようにスミチューブで保護しておきます。
ソケットに取り付けた1個は、後でパネルに取りつける際にソケットから抜くことになりますw
パネルの穴よりLEDが大きくなってて、麦球と同じ取り付け方ができませんでした。
白色LED: HOTHINK K15CWB-03(1500mcd 3.6V 20mA 20deg)
抵抗: 220Ω



最初の点灯試験の段階で輝度不足と激しいムラが出ていたので、要所にアルミテープの反射材を貼っています。
内側に向けたLEDは拡散キャップを被せています。



操作パネルの裏側にはアルミ板の反射材か放熱パネルがネジ止めされていましたが、放熱は不要なのでアルミテープを大きめに貼ってあります。


結果

完璧では無いものの、このくらいならという程度にムラを減らした結果です。

3Wの麦球4個を減らしたので約11Wの省電力です。
#LEDは4個で各20mAなので約1Wです。




クルマのページに戻る
Last Update:'16/8/20