エアコンガス補充


真夏でも極力エアコンは使わないのですが、壊れないようにたまに稼働させていました。今年になって急に効きが悪くなったと感じました。さすがに13年も経っているので色々あります(汗
放っておいても仕方ないので対策することにしました。

GC8前期型はR12なので適合しません。
冷媒のHFC-134aは京都議定書で削減目標物質とされており、不要な大気開放は避けてください。
検討
現状、エアコンはあまり冷えないものの動作は問題ありません。例えばコンプレッサーが短い周期でオンオフを繰り返したり、異音がするなどの不具合はありません。サイトガラスを確認すると、雲がたまに流れているような感じです。状況から、冷媒が漏れて効きが悪くなったと推測します。冷媒の補充はこれまで行っていません。
一般的には、冷媒が漏れているところを調べて部品交換するなどの作業が必要になります。その場合、作業後に真空引きの作業が必要です。
ただ、部品の劣化が無くても自然に冷媒が漏れることはあるので、単純に冷媒を補充して見るのも手です。
多少のコツは必要ですが、ゲージ付きのガスチャージホースを使えば漏れた量を推測しつつ冷媒の補充が出来そうです。ホースも2000円程度です。
ついでにWAKO'S PAC-Rが評判が良さそうなので、入れて見ることにします。
#漏れ防止剤を入れると修理を嫌がられるようなので、避けましたw

WAKO'S パワーエアコンレボリューション紹介ページより引用
特殊誘導体合成油を使用したR134aカーエアコン用潤滑剤です。エアコンコンプレッサーのフリクションロスと摩耗を低減することで、燃費・ドライバビリティー・エアコンシステムの耐久性を向上します。また、不足したガス・オイルを補い、コンデンサー・エバポレーター内部壁面をきれいに保つことで、低下した機能を回復します。

#すでにPAC-PLUSが出てますが、HV/EV対応なので効果は変わらないと思います(汗
購入品
購入品 (税込み)
No.部品名メーカー型番個数単価備考
1ガスチャージホースアストロプロダクツAP-GC00311500ゲージ付き
2エアコンガスエアウォーターHFC134a1290R134a 200g
3添加剤WAKO'SPAC-R1220028mL



GC8Gの規定容量は0.5〜0.65kgです。今回は200g缶を3本購入しました(安売りだったので)。雰囲気で1本注入して、残りは次回使用します(笑
PAC-Rはこの時期は品切れになっているようなので、オークションで入手しました。
ガスチャージホースも在庫切れでしたが、注文して入手しました。
ガスチャージホースのマニュアルはwebから入手可能です。
作業
素人向け手順
  1. ガスチャージホースに冷媒カートリッジを接続する。このとき、ホースの蝶ネジを緩めて針がカートリッジに穴を開けないようにしておく。
  2. 低圧側(L)のキャップを外し、カプラーにガスチャージホースを接続する。
  3. 冷媒カートリッジを少し緩めてから締め、ホース内の空気を押し出す(パージする)。
  4. エンジンを暖気し、エアコンを動作させる。
  5. ゲージの圧力を確認し、蝶ネジを締め込んでから少し戻して冷媒を注入する。
  6. カートリッジが軽くなったらホースを低圧側カプラーから切り離す。
  7. エアコンの効き等を確認後、エンジン停止。
引き続き冷媒を補充する場合はまた(1)からになります。
注意点は、ホースは必ず低圧側に接続することと冷媒を入れ過ぎないことでしょう。
注入中は缶が氷結するので、40℃程度のお湯に漬けて最後まで注入します。

まず現在の状態でエアコンの能力を確認しました。
外気温30℃の日陰停車で、内気循環、最低温度で約10℃でした。



今回、冷媒以外にPAC-Rも注入しますので、順番的にPAC-Rから始めました。
PAC-Rは振ると中身の液体が気体になるようなので、よく振ってから注入しました。

#最初クイックカプラーが嵌まらず手間取りました。ホースを押し込みつつ外のリングを押し下げればokです。



続けて1本目の冷媒を注入しました。
缶が冷たくなってきたのを手で温めつつ、8割がた注入しました。
写真はコンプレッサーが止まった瞬間の圧力です。

少しエンジンの回転を上げると入り易くなります。
缶を逆さにすると液体のまま注入されてコンプレッサーが壊れる可能性があるので注意します。


結果
注入後、温度計は10℃のままでした(汗
PAC-R注入前のゲージの値をよく見ると、適正の範囲内なので、ガス注入するほどではなかったかもwww
PAC-Rの効果があるといいんですが。

ドライブ中の動作確認では十分冷えました。夜だけど(汗
トルクの落ち込みは減ったようなそうでもないような。


クルマのページに戻る
Last Update:'14/7/21