エアコン清掃+フィルタ取り付け


新車で購入したGC8Gインプレッサも6年8万キロ走行で、だいぶくたびれてきています。
夏でも滅多にエアコンを使わないのですが、たまに使って止めた時に臭いが気になります。どうせならと、シーズン前に清掃することにしました。噂では枯れ葉や虫がざくざく出てくるとか、なんか育っている(!?)とか聞くので、なんかあればネタになるかと(コラ
エアコンフィルタが装備されない世代のクルマですが、うまくやるとフィルタが仕込める噂もあるのでトライして見ます。

詳細・取り付け
エアコン清掃はグローブボックスを取り外して行います。グローブボックスのヒンジ部にあるクリップ2個をラジオペンチで引っこ抜き、グローブボックスを外しておきます。

助手席足元からあおって撮影したエバポレーターの写真です。
中央がエバポレーター、左側がブロアファンです。

エバポレーターのふたをネジ2本を緩めて外します。
ブロアファンはコネクタを抜いてからネジ3本を緩めると、ファンとモータがセットで外せます。
写真でファンはそれほど汚れているように見えませんが、乳白色の羽根がすべて灰色になっています(汗
ブラシを使って羽根の一枚一枚を清掃しておきます。
写真左がブロアファン、右がエバポレーターのフタです。


ふたを外したところ、期待していたゴミは枯れ葉が1枚きりでした。
#ネタにならないので写真は無し(コラ
エアコンクリーナーを購入していなかったので、何で清掃するかしばらく悩んだ末にブレーキクリーナーを噴射しました。
風呂掃除用スプレー(オレンジオイル入り)を振りかけようかとも思いましたが、すすぎが手間な事と、水を車内にこぼす予感がしたので止めました(笑
エバポレータ前に空間がありますが、純正オプションの空気清浄機がここに入れられるそうです。すでに手に入らないと思われるので、せっかくの空間にエアコンフィルタを現物合わせで入れることにします。メジャーで測った結果、23×21×3[cm]程度のフィルタがあればちょうどいいようです。

写真は清掃後のエバポレーターです。新聞紙は車内の汚れ防止です。


いつものようにSAB三鷹で最もサイズが合いそうなフィルタを探します。
互換表にはサイズの表記がないので、現行インプレッサ用のフィルタ→レガシィ用と探して行きます。パッケージと振った時の移動距離からサイズを想像して、とりあえず下記のレガシィ用を購入しました。現行インプレッサ(GDA)用は厚みがあったので止めました。
とりあえず入れて見ます。足元の空間が狭くてまっすぐ入らないですが、フィルタの枠が無いのを活用して折り曲げながら押し込みます。そのままだとフィルタの折り目が縦方向で、振動でゴミが下に落ちるので、中で回転させて折り目が横方向になるようにします。
若干の余裕がありますが、大きすぎず小さすぎず概ね良好な具合です。フィルタに枠が無いのは押し込むには便利ですが、強度が出ていないということでもあるので、グラグラし難くなるようにすき間テープを貼ってガイドとします。

なお、エバポレーターにフィルタが接していると、結露がフィルタに伝わってカビが生えやすくなりますので、若干の空間の余裕が必要です。


効果
オートバックスのサイトより引用
デンソーとオートバックスが共同開発した吸塵力抜群のエアコンフィルター。ホコリや花粉はもちろん、気になる排気ガスのにおいもシャットアウト。さらに菌やカビ等の進入、繁殖もガッチリガードします。お子様のいるご家族や女性の方、お年よりにもおすすめのフィルターです。


今回購入したのは下記のレガシィ用S-0002です。
・レガシィアウトバック(BP9 E '03/10〜)
・レガシィワゴン(BP5 E '03/5〜)
・レガシィB4(BL5,BPE,BLE '03/6〜)
S-0002に相当するスバル純正品番は72880-AG000と記載されています。
購入価格は約3,000円です。
結果
特に風量が減るわけでもなく、最大風量でもビビり音などもないので、取り付けに問題は無いと考えます。
外気導入で排気ガスなどの匂いがし難くなったような気がしますが、気のせいかもしれません(コラ
効果は、半年くらい経ってご開帳してから判断したいと思います(笑



クルマのページに戻る
Last Update:'08/1/3